英語なぜすぐアウトプットできない?

ハッチのアウトプット授業

すぐアウトプットできない英語

あらゆる場面で、英語が出てこず、悔しい思いをしたことがある人は少なくないはずです。
「後で考えたら、超簡単な英語だったのに!」と言う人も、多いです。

考えられる理由は、日本語は、遠回しな表現が多いからということが挙げられます。
そのため、日本語で考える意見は、英語では言いづらいことが多いのです。

しかし、これは、英語に限らないと思います。
例えばスポーツや料理など、頭で手順を理解していても、いざやるとなると難しいのと同じことです。

頭の中でだけなんとなく分かっている

すぐアウトプットできない英語は、「頭でだけ分かっている英語」です。
「聞いてなんとなく分かる英語」も、すぐアウトプットできない英語です。

また、すぐアウトプットできない英語は、「日英直訳の英語」でもあります。
よく生徒さんにお伝えするのは、「日英直訳は、訓練を積んだ通訳者さんにしかできません」ということです。

まずは、あなたの言い回しのどこが遠回しなのか、知らなければなりません。
そして、英文の構成を理解します。

その後、簡単な英語で、率直に意見を言えるようトレーニングします。
このような悩みをお持ちの方の多くが、このプロセスを飛ばしてしまっているようです。

間違えることを恐れない

すぐ英語をアウトプットできない理由としては、「私の英語は間違っているんじゃないか」と考えて、アウトプットをちゅうちょしているからという可能性もあります。

言語学習において、間違うことは、上達するために避けられません。

上達する過程でモチベーションを保ち続けるため、「英語をアウトプットできるようになった自分」を想像してみてください。
近い将来、自転車を運転するように、自由に英語をアウトプットできるようになることでしょう。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA