英語は聞かないと答えられない

まずは、聞こう!

当教室の英会話レッスンの生徒さんは、これまで英語を習ったことがある人がほとんど。

そして、「英会話を習ったのに、なんとなくしか話せるようにならなかった。。」という方です。

 

その理由は、先生やクラスメートの英語を、あまり理解できていなかったから。

ちゃんと話したいのなら、ちゃんと聞かないとならないのです。

 

あと、聞けている振りをしてしまう方も、非常に多いです。

もし理解できなければ、「Would you say that again, please?」と、はっきりと言いましょう。

 

このように、いざという時に英語を使えるようになるには、「聞く」ができなければ始まりません!

英会話レッスンの落とし穴

昨今、英会話レッスンはハードルが下がってYouTubeなどで学習する方もたくさんいると思います。

オンラインの英会話レッスンをやっている人にも、よくお会いします。

 

ただし、YouTube学習はインプット。

英会話にはアウトプット練習も必要ですので、YouTubeを拝聴では、英語は話せるようになりません。

 

また、英会話レッスンでは、生徒より長く話す先生に当たると、英語が身に付きにくいです。

同様に、QuestionにAnswerする「だけ」の英会話レッスンも、あまり良い練習とは言えません。

 

英語って、「急に必要になった!」で困ることが多いですよね!?

英語が必要な時は、こちらが積極的に意見を言わなければならないのです。

 

ということで、一見手軽な学習で上達しているようみ見える人は、その分かなり努力していると思います。

「耳がいい」等、生まれつきのセンスもあるでしょうが、あまり関係ないと思います。

自分でハードルを上げない

「英語で聞かれたことは、何がなんでも、ちゃんと答えないといけない!」と思っていませんか?

そんな方ほど、「英会話を習ったのに、なんとなくしか話せるようにならなかった。。」と悩んでしまいます。

 

そもそも、毎回、ちゃんと答えないといけないのでしょうか?

「別の人に聞いてください!」とか、「考えるので、時間をください!」なども、立派な『答え』です。

(沈黙を、笑ってごまかすのはNGです!)

 

また、向上心がある人ほど、難しいテキストを選びがち。

政治や社会など難しい内容でなく、子供向けなど、ハードルの低い教材を選びましょう。

 

「英語で聞かれたことは、何がなんでも、ちゃんと答えないといけない!」と思うと、急に英語が出てこなくなります。

まずは、「聞く」を克服し、「話す」を身につけましょう♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA