英語は聞かないと答えられない

聞けないから、答えられない

英語の相談を受けていると、「自分の英語はなんとなく通じてるだけ?」という人がとても多いです。

「なんとなくではなく、ちゃんと話したい」というのです。

 

このような人の多くが、あまり相手の英語を理解できていません。

ちゃんと話したいのなら、ちゃんと聞かないとならないのです。

 

「だってリスニングもなんとなくだし…」という人も、結構います。

でも、「よく理解できませんでした。」とか「どういう意味ですか?」が言えないだけ、という場合がよくあります。

 

あと、声が小さい。

そのようなかんたんな英語をハキハキ言えない場合、英語力の問題でなく、その人が”英語イップス”に陥っている可能性が高いです。

英会話レッスンの落とし穴

「これまで英会話レッスンを受けたけど、全然話せるようにならなかった」というのも、よく受ける相談です。

 

このような英会話レッスンの落とし穴は、講師による、生徒の発言の誘導です。

海外旅行などに行ったとき、外国人相手にゆっくりはっきり話してくれるのと同じです。

 

当然ながら、職場などでは通用しません。

しかも、こちらから積極的に意見を言わなければならないのです。

 

このようなよくある英会話レッスンで、英語が話せるようになる人はもちろんいます。

そのような人は、「よく理解できませんでした。」とか「どういう意味ですか?」が言える人たちだと思います。

 

たまに、英会話は習ったことがないのに、めちゃくちゃ英会話やリスニングができる人がいます。

生まれつきのセンスもあるでしょうが、そういう人は、やっぱり陰ですごく努力していると思います。

努力は工夫次第

「英語で聞かれたことは、英語でちゃんと答えないといけない」と思う人ほど、英語イップスに陥ります。

そもそも、何でもかんでも「ちゃんと答えないといけない」のでしょうか?

 

「それは別の人に聞いてください。」とか、「これから調べるので時間をください。」と答えるのも、立派な応答です。

沈黙したり、「え?」ばかり言ってはっきり意思を伝えられないのは、もう論外。

 

本当にリスニング力がなければ、カバーするためのリスニングトレーニングが必要です。

音読、シャドウイングやディクテーションなどのトレーニングが挙げられます。

 

トレーニングするにも、英語イップスの人は、難しいテキストを選びがち。

政治や社会の記事など難しいものでなく、子供向けや英語ラーナー向けのかんたんな教材を選びましょう。

 

「ちゃんとしなければならない」と思えば思うほど、英語イップスは深刻になります。

イップス傾向のある人ほど、それを乗り越えるための、”ちゃんとした”努力が必要だと思います。

無料体験&個別相談

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します

お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA