【IELTS】【TOEFL】アカデミックな英会話&スピーキング

「興味ない」は危険!

IELTSやTOEFL®では、

個人の意見をスピーキングしたり、試験官と英会話したりするテストがあります。

 

中でもIELTSスピーキング Part 2, Part 3

TOEFL Independentスピーキングは、

「苦手なトピックに当たってしまうと、全く話せない。。」という方が多いタスクです。

 

〜外部リンク〜

●IELTSスピーキングテストサンプル問題
Part 2
Part 3

●TOEFL  iBT®プラクティスセット
Speaking Practice Set 1

 

具体的には、

『政治・社会問題』

  • the government
  • taxes

『科学・テクノロジー』

  • technologies
  • innovations

については

「日本語でも答えるの難しいのに、英語で話すってどういうこと!?」

とおっしゃる方は、少なくありません。

 

ただ、政治や技術についての専門的な知識は必要ありません。

グローバルな議題について、あなたが「興味あるか、ないか?」を問われているのです。

 

「ネットは便利」。それだけ?

日常生活を疑う習慣を

アカデミックな英会話&スピーキングでは、

英語力よりもまず「持論がある or ない」がポイント。

 

持論といっても、「興味があるか、ないか?」レベルであり

専門知識について議論するわけではないことに注目しましょう!

 

例えば、

『政治・社会問題』の場合は

  • 安全 vs 不安

『科学・テクノロジー』の場合では

  • 便利 vs 危険

など、両面のアイディアを出すとうまくいくことが多いです。

便利な反面…

危険もある。

 

このようにメイン・アイディア(持論)さえ出て来れば、

あとは文章構成(イントロダクション・ボディ・コンクルージョン)を意識し

順を追って話すという流れです。

 

フォーマット通りの答えしか思い浮かばなかったり

なんとな〜く日常生活を送っていると、

アカデミックな英会話やスピーキングはできるようになりません。

毎日の生活の中で、少しずつアイディアの引き出しを増やすことをお勧めいたします!

 

ハッチ横浜英語教室では、英会話・スピーキングに自信がない方や、独学・グループレッスンで手応えを感じない方におすすめの、

  • 語彙・文法・文化を学べる『インプット』
  • 基礎力を鍛える『トレーニング』
  • 応用・実践・マネジメント力を強化する『アウトプット』

を組み合わせたマンツーマンレッスンを行なっております。(ライティングは添削付き)

どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

〜こちらもどうぞ〜

ザとジは使い分けなきゃダメ?【theの発音】