【中級】英語アウトプットが遅い人の特徴

丸暗記じゃ使えない

中学生に上がると、『一般動詞の活用表』、丸暗記しますよね〜。

学生時代って、暗記暗記で、本当に大変です。

 

あれから◯年後。。

 

あれだけ暗記したのに。

いざという時、なぜか英語が出てこない。

 

だって、学校の勉強は、丸暗記ばっかりだから。。

 

でもでも。

実は、「暗記が悪い」というわけではありません。

大切なのは、バランスです。

 

インプット(暗記)が100%だとしたら、20〜30%はアウトプット練習!

なのですが、「どこまでが20〜30%か分からない」から、独学の英語アウトプット練習は難しいんですね。

ゴールが見えない練習

「ふだんから英語を使っているけれど、なんか英語のアウトプットに時間がかかる。」

このようなお悩みで当教室にご相談に来られる方は、とても多いです。

 

「インプット(暗記)したら、アウトプットしなきゃ英語はできるようにならないですよね??」

ほとんどの方が、とっくにご存知です。

 

当教室でも行っている『音読・シャドーイング』は、とても良いアウトプット練習です。

独学でやっておられる方も、結構います。

 

でも、独学では、ほとんどの方が挫折してしまう。

なぜなら、「”これだけやれば”、アウトプットできてる!」というゴールが見えないからだと思います。

 

ゴールが見えないことをやり続けるのは、とても大変です。

でも、”これだけやれば”は、やっぱり丸暗記と同じなんですね。

英語に完璧はいらない!

「間違っても気にしないで!」

これは、私の口癖です。

 

間違いを気にして、アウトプットが途切れてしまう。

そちらの方が、よくないです。

 

英語のアウトプットは、すぐにできるようにはなりません。

意外かもしれませんが、その現実を知っておくことは、かなり役立ちます。

 

まず、言いたいことの50%くらいアウトプットできればいいです。

そして、アウトプット練習を通して、70%、90%と精度を上げていけばよいのです。

 

基礎力がないと、応用力はつかない。

ほどよいインプットがないと、アウトプット力はつかない。

 

英語って、0か100かではないってことですね。

 

〜〜〜ハッチ横浜のスピーキングレッスン〜〜

基礎スピーキング

実践スピーキング&リスニング

実践スピーキング&プレゼンテーション

無料体験レッスンお申込み

お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA