英会話のネタ作り

フツーのネタほど難しい

こんなご相談をよく受けます。

「会食とかで外国人から話しかけられると緊張しちゃって…」

「仕事で使う単語なんかは、スラスラ出てくるんだけど…」

 

よく知っていることは、スラスラ話せるのは当たり前ですよね。

相手が外国人だろうが日本人だろうが、「フツーのネタ」って意外と難しいと思うのです。

 

日本では、仕事、年齢、出身地などがフツーのネタでしょうか?

英語でも同じですが、「先輩」「後輩」とか「同じ出身」って、英語でなんて言うの?と悩んでしまう人にはオススメしません。

反応を気にしない!

フリートークが苦手な人は、ついつい相手の反応が気になるものです。

なので、よく知っていること(趣味など)をネタに会話するのがちょうどいいと思います。

 

「う〜ん、、自分の趣味って何だ?」という方。

今すぐ趣味を作って下さい!

 

日本にいながら英語ができるようになるには、日々のネタ作りが大切です。

思い浮かばなければ、いつも同じネタでいいのです。

 

細かいことは、とにかく気にしない。

質問されるのに慣れている受け身な方は、積極的に話しましょう。

 

自然体のまま、英語は話せるようにはなりません。

事前のネタ作りも、忘れないで下さいね!