【スピーキング】日本人が英語で「議論」するということ

英語こそ「議論」向き!

IELTSやTOEFLといった英語試験のスピーキングテストでは、

お題について「議論」を行うタスクがあります。

 

〜外部リンク〜

TOEFL iBT® Speaking Practice Questions

 

議論は英語で「discussion」。

反対意見を持つ相手がいる議論の場合は、「debate」とも言い換えられます。

 

しかし、日本には

「先生と生徒」

「先輩と後輩」といった上下関係の文化があるため

「日本人は議論に慣れていない」という意見が多いです。

 

確かに、私の講師経験からも、

集団授業で積極的に質問したり、意見を発言したりする学生さんは少なく、

(自ら選んで取ったにもかかわらず)

一クラスに半分もいないといった状況は長年変わりません。

 

一方で、「英語なら、言いたいことが言える」という人も、少なくありません。

日本では先生同士にも上下関係がありますが、

英語の文化では、互いを”呼び捨て”で

意見を言い合います。

 

 

つまり、英語だからこそ、

「議論」で率直に意見を言うことは、ハードルが低いと言えるのです。

 

そのため、

英語で議論するときは、「自分は英会話が苦手だから。。」などと、

最初からハードルを上げすぎないことが重要です。

「具体性」がポイント!

英語の議論では、

  • 結論から話す
  • 具体的に話す
  • 客観的に話す

ことがポイントです。

 

ちなみに、日本語の場合は真逆で、

  • 説明から話す
  • 抽象的に話す
  • 遠回しに話す

というふうに、”話し合いベース”の議論が多いです。

 

このような議論の場合、意見が「主観」になったり、

何が言いたいのか分からないぼんやりした意見になったりします。

 

特に、英語の議論では『具体性』を意識しましょう!

例えば、

「SDGsの実現は、難しい。」

  • なぜ難しいか
  • いつ難しいか
  • どこの誰にとって難しいか
  • 今後どれくらい難しいか

etc.

 

 

英語の「議論」が苦手と感じる人は、日本語でも意見を出せない可能性が高いです。

そのような人は、なるべく社会の動向に興味を持ち、

「なぜ?」

と自問自答してみると良い練習になります。

 

ハッチ横浜英語教室では、スピーキングやライティングに自信がない方や、独学で手応えを感じない方におすすめの、

  • 語彙・文法・文化を学べる『インプット』
  • 基礎力を鍛える『トレーニング』
  • 応用・実践・マネジメント力を強化する『アウトプット』

を組み合わせたマンツーマンレッスンを行なっております。(ライティングは添削付きです。)

どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

 

〜こちらもどうぞ〜

英語アウトプットが遅い人の特徴