英語学習の落とし穴

ブログ

かんたんな英会話ができても…

私自身、留学のため渡米した当初、かんたんな英会話はできました。

子供の頃には英会話教室に通っていましたし、渡米前も、自分なりに勉強していたつもりです。
「アメリカに行っても余裕でしょ!」と、気楽に考えていました。

ところが、現地の人と、全然会話が噛み合わないのです。
かんたんに伝わると思っていることも、言いたいことが、ほとんど伝わりません。

実際、語学学校の先生や寮の友達との会話は、思った通りかんたんでした。
相手が、ちゃんと聞いてくれるからです。

しかし、一度街に出ると、自分の英語が相手に伝わらないことが多い!
特に、スーパーや銀行では、言いたいことが相手に伝わりません。

「英会話ができても、相手に伝わる英語スピーキングができるとは限らないんだ・・・」と、カルチャーショックを受けたのも、今ではいい思い出です。

「言いたいこと」が英語でアウトプットできない

英会話は、会話のキャッチボールです。
あいさつや、質問に対する答えなど、だいたいフレーズは決まっています。

ところが、英語スピーキングは、そうではありません。
「言いたいこと」を、相手に伝えなければならないからです。

当時の私に「言いたいこと」が英語でアウトプットできなかったのは、無理もありません。
それもそのはず、日本語を、英語に訳そうとしていたのです。

それがかんたんにできてしまう通訳さんは、何年もトレーニングを積んでいます。
なので、そのようなことができるのです。

通訳さんがやるようなことをしようとするなんて、なんてお門違いだったのでしょう!
当時の私が、「言いたいこと」を英語でかんたんにアウトプットするなんて、できるわけがなかったのも当然です。

英語学習についての勘違い

当初、私は「日本語を話すように、すぐ英語が話せるようになる」と思っていました。
アメリカに留学しているのだから、英語スピーキングも、自然にできるようになると思っていたのです。

これが、大きな間違いでした。
まったくの的外れです。

英語スピーキングができるようになるには、それ相当の、学習が必要です。

まず、単語は「暗記が一番!」と思っていましたが、それは大きな間違いでした。

律儀にも、初めて見たり聞いたりした単語は、メモして覚えていました。
テキストに出てくる単語も、同様です。

ところが、単語の知識が増えるに従い、よりアウトプットが難しくなってしまいました。
人は心理的に、暗記を頑張れば頑張るほど、スピーキングやライティングするときに「間違えたくない」と考えます。

おまけに、当時の私は、英語特有の文型や文章構成の知識が、ほとんどありませんでした。
「英語を話すのに文法は関係ない」などと言いがちですが、大きな間違いです。

このような知識のインプットがどれほどアウトプットに大切か、教示している英語教室は少ないのではないでしょうか?

インプットの3〜4倍アウトプットする

ただ、知識の蓄積だけでは、英語はアウトプットできるようになりません。
インプットした英語は、アウトプットしてこそ、定着します。

インプットに対して、アウトプットは3〜4倍は必要です。
このバランスも、多くの英語ラーナーは間違えています。

インプットについては、中学と高校の英語で十分です。
少なくとも、それ以上の難しい知識は、必要ありません。

アウトプットする場所について

では、英語は、どこでアウトプットすればよいのでしょうか?

英会話学校に通う?
外国人のいるバーに通う?

もちろんそれもよいですが、そうすると、お金と相手が必要です。

実は、お金をかけずに、一人で英語をアウトプットすることもできます。
理想は、アウトプットした英語を、自分で客観的にチェックできることです。

例えば、スマホの録音機能。
録音した英語は、後で聞くことができます。

例えば、スケジュール帳のメモ。
書いた英語は、後で読むことができます。

英会話学校やバーでは、チェックするのは他人です。
でも、スマホやスケジュール帳を使えば、一人でもできますよね。

英語学習には、「そんなことでいいの?」ということの方が、多いかもしれません。

そうなのです。
英語のアウトプット力をつけるため、今日から始められることはたくさんあるのです。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA