本来、日本に住んでいる日本人は、日本語ができれば良いというもの。
そもそも、日常会話で「その日本語、正しいの?」という議論にはなりません。

一転、英語になると、みなさんとても厳しい。

「この英語、正しいですか?」
「その英語は正しくないんじゃないの?」

毎週のように、生徒さんから聞かれます。

日常の会話において、正しいか正しくないかは、あまり重大ではないのです。
大事なのは、「相手に伝わるか」です。

「正しい」がないなら、「間違い」もありません。
『英語=教科の一つ』という概念から抜け出せば、英語を流暢に使いこなす可能性が広がります。