会社経営者ブログ

グローバルにまい進する超多忙な行動派

アウトプット英会話の授業を、3ヶ月受講された生徒さんのお話です。

Eさんは、爽やかな外見と熱い情熱を持ち合わせた、若き会社経営者。
家族や仕事仲間を大切にする、頼もしい性格の持ち主です。

新しくグローバルな事業を始めたということで、多忙な中、さらに多忙を極めておられました。
そのため、受講は、始業前や移動の合間です。

長年に渡りアーティストという顔もお持ちで、定期的に海外へ行かれているとのこと。
実践でつちかい、もともと日常会話には苦労しないくらいほどの英語力をお持ちでした。

「一度ちゃんと習いたい」ということで、週に一度ほど50分の授業をスタートしました。

実は難しい英語の世間話

中級スピーカーは、「英語で仕事の話はできる」という人が多いです。
しかし、意外なことに、「英語で世間話や飲み会となるとキビしい・・・」という人も多いです。

仕事の英語は毎日使うので、すぐに覚えることができます。
一方、世間話や飲み会は、即興で話し”続ける”ことをしなければなりません。

残念ながら、よくあるテキストに沿った講師主導の授業は、世間話や飲み会で会話を続ける練習には向きません。

例えば、講師が質問し、生徒が答えるパターンです。
一問一答が、よくある英会話練習です。

当たり前ですが、世間話や飲み会では、質問をする側になる場合もあります。
一問一答では、会話は成り立ちません。

日本語の表現は遠回しである一方、英語の表現は率直です。
つまり、英語で話し”続ける”ためには、結論から率直に話す力が必要なのです。

Eさんの場合、さすがは会社経営者。決断力があります。
率直に、しかも、長く英語で話し”続ける”力がつきました。

「とにかく、やってみる」

結果、Eさんの英語力は、すごいスピードで向上します。
約1ヶ月で話し”続ける”ことができるようになり、残る2ヶ月で実践力をつけていきました。

ハッチには、会社経営者の生徒さんが何人かいらっしゃいます。
受講日調整や宿題で大変なこともあると思いますが、みなさん絶対に「できない」とは言いません。

性格が負けず嫌いというよりは、「とにかく、やってみる」といった感じです。
「失敗してもいいからやってみよう!」と、おもしろがっているように見えることもあります。

これは、かんたんそうで、なかなかできることではないと思います。
私自身、Eさんのような生徒さんから、たくさんのことを学ばせていただいている気がします。

まずは身近なトピックから

身近な話題について話すと、あっという間に英語で話し”続ける”ことができるようになります。
仕事や学業など、話すことがある人はなおさらです。

「そんなに話すことがない」という方も、身近なトピックから始めてみましょう。
好きな音楽、映画、趣味、旅行、などなど、、、

そうすることで、結論から率直に話すことへの抵抗がなくなるはずです。
このトレーニングを続けていくと、英語で話し”続ける”ことができるようになります。

初級スピーカーからすると、「英語で仕事の話ができるだけでもすごい!」と思うでしょう。

しかし、初級者も中級者以上の方も、みんな同じです。
まずは、アウトプットしやすい身近なトピックから、トレーニングの積み重ねです。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。