パワフルな女性起業家

(『生徒さんのお話 1』はこちら

去年の10月から、アウトプット英語を受講されている生徒さんのお話です。

この方は、貿易事業を起業する準備をしているところでした。
「仕事で必ず英語が必要なのでお願いします。」とのことでした。

「英語を使えるようになるために、何から始めれば良いか分からない」とのこと。
「昔から個人教室派。先生にすべてお任せします。」と、お申込みいただきました。

ポジティブな努力家

ハッチのアウトプット英語では、暗記や問題集の解説を、一からやりません。
「書く」「話す」を通して、生徒さん自ら身につけていきます。

この方は、単語や文法を初級から始めました。

最初は、「簡単な内容なのに英語が出てこない!」と戸惑いがありました。
そのうち、「『こんなんでいいんだ』という発見がおもしろい!」とおっしゃるようになりました。

だんだん、「私の弱点は、目的語から話してしまうことですね!」と気づくようになりました。

この方の素晴らしいところは、「宿題はできるまでやってくる」を徹底されていることです。
「できないけど頑張りました」でなく、「時間をかけてやればできました」と言える方なのです。

理屈じゃなく”実際にやる”で慣れる

よく英語学校では、「すきま時間を見つけて多聴多読に努めてください」と言います。
上級者なら、英語のサイトや動画を見て自主学習ができるでしょう。

しかし、多くの方は「理屈は分かってるけど、実際に何をすればいいか分からない」状態です。
もっと、根本的な理由で困っているのです。

この生徒さんには、復習の宿題を多めに出しました。
「書く」「話す」をバランスよく、1週間程度でできる宿題です。

たくさんの復習をこなすことで、”実際にやる”時間を多く確保していただきました。

「伝える」を意識してトレーニング

初級者が学習する際、ポイントがもう一つあります。

講師と、トレーニングをすることです。
相手に伝わる英語で話すため、トレーニングをすることは欠かせません。

実際に英語を使うとき、大切なのは「伝える」ことだからです。

この方の場合、ワイワイ楽しくがモットー。

ジェスチャーやアイコンタクトも言語のうち。
「伝える」を意識し、楽しくトレーニングをしています。

ちなみに、半年経って、現在の授業の様子はこんな感じです。

前半: 会話の中で「近況報告」を話す
中半: 宿題でやってきたトピックについて話す
後半: 洋書テキストを使用し四技能をバランス良く学習。特に、ディクテーションでリスニング力を養う

近く、今年二度目の渡米をされるとのこと。
お仕事の進捗報告も、楽しみにしております!

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
(月曜日定休)

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※場所は日時により異なります。詳しくはお問い合わせください。