英語で話すときの即興力

スピーキングライティング授業を受講の生徒さんには、まず、英語の文型と文章構成を理解していただいています。

2ヶ月くらい経つと、自然に「あぁ、この英文は、長いけどSVの文章ですね」と分かるようになります。

だいたいの方の場合、このように少しずつ「日本語から英語に訳さないスピーキング」ができるようになるのです。

もう少し経つと、1分間スピーチをお願いすることがあります。

●1分間スピーチとは?●

テーマについて2〜3分ほどメモを書きながら考え、その後、メモを見ながら1分間程度、英語でお話をしていただくことです。

即興で、お話をしてもらうわけです。

「話すことがない!」と言っても、とにかく英語で話さなければならない。

「話すことがない?ならば、作ってでも話をしてください。」

一見、無茶振りのように思えます。
でも、「話すことがない!」とは言っても、「できない!」と言った方はいません。

むしろ、ほとんどの方が、1分以上話されます。

多くの方が、話す内容や使用する単語を、難しく考えすぎています。

日本語でもそうしているように、正しい英語の文型と文章構成、簡単な英単語で話をすることができるはずなのです。

2018年は、ハッチにとって、とても重要な年になりました。
それもこれも、受講いただいている生徒さんのおかげです。

2019年も、どうぞよろしくお願いいたします。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。