ハッチが推奨している英語のスピーキング学習と英会話は、ちょっと違います。

英会話は、「言葉のキャッチボール」でしょうか?
主に、英語でのコミュニケーションが目的です。

スピーキングは、「自分の言いたいことを相手に伝えること」です。
ハッチでは、ライティングを通して客観的に文章構成を意識し、スピーキングにつなげていきます。

スピーキングの良いところは、身につけると自然に英会話ができるようになることです。
一方で、英会話を学んでいる方がスピーキングができるとは限りません。

ハッチの授業は、スピーキングとライティング、それから英会話も体験できます。
この夏、楽しい英語スピーキングを始めてみませんか?