英語で言いたいことを言えない!
生徒さんから、一番多く受ける相談の一つです。

日本語から英語に訳すのはナンセンスという話は、このブログで何度も書いています。

しかし、そうするしかない。
なぜかと言うと、英文法のシンプル、かつ合理的なルールを知らないから。そして、誰でも知ってるようなボキャブラリの使い方を知らないからです。

「知らない」というのは「引き出しがない」とか「知識がない」という意味ではなく、使い方を「知らない」ということです。
「言われれば分かる」のですが、自発的には使えない状態をいいます。

じゃあどうすればいいのかというと、私のアドバイスは「英語を使うこと」です。
グループレッスンにしろプライベートレッスンにしろ独学にしろ、英語をしゃべれるようになるには、継続的に英語を使うしかないのです。
でも、話すには相手が必要。だから、私は、まずは英語で書けるようになることをオススメしています。英会話初心者〜中級者の方たちは、その書いた英語が正確かどうか講師に確かめてもらいながら進めていくことが必要です。

英語で書くことができれば、必ず言いたいことが英語で話せます!
ノリに逃げず、テキストやクラスメートのアイディアに流されることなく、自分の意見を言えるようになります。

一度にあらゆる種類の文章を書くのではなく、焦点を絞って書けば、頭を整理することができます。つまり、一回使い方をマスターすれば、新しい引き出しを増やすことなく、知っている範囲の知識で活用していくことができるのです。

『自主学習』というと荷が重いですが、マスターした英語のルールで日常的に英語で書くことを楽しみながら、学習を継続することが必要だと私は思います。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
(月曜日定休)

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※場所は日時により異なります。詳しくはお問い合わせください。