英語は、「読めるけど、書けない」「聞けるけど、話せない」。
そんな相談を、よく受けます。

私から見ると、皆さん、書けていますし、話せています。
多くの方が、自分を過小評価をしすぎなのです。

ただ、もし一つアドバイスをするとすると、「着地をしっかり」ということです。

英語ラーナーの実にたくさんの方の、発言の後半はぼんやりしています。相手の出方に頼るあまり、着地がうやむやになっていることが多いのです。

「書く」も「話す」も、着地が大切です。

英語の単語や文法は間違えてもいいので、自信を持って、はっきりと意見を言ってみるといいと思います。やっていくうちに、必ず誰でもできるようになっていくものです。