生徒さんからのよくある質問です。

「英語は頭で理解できていますが、いざという時に使えますか?」

答えは「使えます」です。

「英語が使える」というのは日英翻訳をするということでなく、自分の引き出しを開けて知識を取り出す作業のことです。

これをブレずに続けていると、英語は確実に使えるようになります。
英語を使う相手は、まずは英語講師が良いでしょう。

ポイントは、既習したことを繰り返し繰り返し使ってみることです。
思い出すことで、英語は定着しやすくなります。

多くの「頭で理解できているがいざとなったら使えない」生徒さんの場合、これをしない傾向にあるように思います。

シャドウイングしたりディクテーションしたり、手帳にフレーズやボキャブラリーをメモしてみたり。同じ教材や同じ題材で繰り返しやるのが重要です。
新しく単語を調べたり追加したり、しない方が良いと思います。

「それでもついつい日本語から英語に訳そうとしてしまう」というご相談もよくあります。

もしそんな経験をした場合は、後から、自分が何を言いたかったのか日本語で書いてみるのがオススメです。
それを英語に直すのです。

日本語の文章を英語に直す場合、複雑な文法を使用しないことが大切です。
自分のアイデアを複雑にしすぎないことに慣れると、英会話はずいぶんスムーズに出てくるはずです。