日本語から英語に訳すことは大変な重労働です。
文化の違いのため、日英訳の文章はナンセンスになりがちだということも、以前このブログに書いたことがあります(こちら)。

昨今、私立高校は言うまでもなく、公立高校でも試験的に英語ライティング授業を取り入れている学校が多くあるようです。
数年後には、英会話は小学3年生でスタート、大学入試はセンター試験がなくなって4技能(読む・聞く・話す・書く)試験に変更されるとのこと。

『英語教師のための英語講座』も実際に開催されているところを見ると、日本における長い英語学習の歴史が変わろうとしていることは言うまでもありません。
「さらに”勝ち組”と”負け組”の格差は広がるばかりだ」と言う専門家もいることでしょう。

そこで、私が個人的に推奨しているのがウヌボレEnglishです。

「ネイティブでもないのに英語知ってて偉いでしょ」
「私の英語が通じないのは、ちゃんと話を聞かない相手に問題があるんじゃない?」
「文法ちょっとくらい間違えても通じればいいじゃん!」

こんな風に考えられるようになると無敵です。

”英語の勉強ができる人”と”英会話や英語ライティングができる人”は、似て非なるものです。
英語力に自信がなくても、学生時代落ちこぼれでも、英語のノリが苦手でも、”できる人”になることはできます。