ハッチ横浜英語教室は、アウトプット英語(スピーキングとライティング)をメインで授業を行っています。

アウトプット英語を習得することは、英語の基礎力づくりになるからです。
つまり、スピーキングとライティングを習得すると、インプット英語の習得にも役立ちます。

ライティング授業を開始直後は、多くの生徒さんが、こんなことををおっしゃいます。

「日本語から英語に訳そうとしてしまう。」
「どんな単語を使えばいいか分からない。」

それも、そのはずです。

文化的な違いから、日本語の意味合いのまま、英語に訳すことはできません。
ですので、日本語で考えた文章をもとに英文を書こうとすると、どの英単語を使えばいいのか、分からなくなってしまいます。

そんなとき、ハッチでは、必ず文型の復習を行います。

英語の文型は5つありますが、そのうちの3つ(第1・第2・第3文型)を使って、アウトプット力を定着させていきます。

即座にアウトプット英語を習得することは、容易ではありません。

しかし、「思っているほど難しくない」のです。
自転車と同じで、乗れるようになれば、あとが楽なのです。

まずは、正しく文型を理解し、基礎力をつけましょう。
そうすれば、どんな方でも、アウトプット英語を習得していただけるはずです。