HATCH ENGLISHのスピーキングライティング授業では、オリジナルの教材を使っています。
教材とは言っても、ほとんど生徒さんが書き上げるものになっています。私はその補助をさせていただくのですが、合言葉は『なるべく平たく』です。

みなさんご存知の通り、どの言語でも文語と口語は異なります。文語はより複雑で、そして口語はよりシンプルな英語です。

でも、私たちが英語(主に英文法)を学習してきた過程では、どのタイプの英語が文語で、どれが口語なのか、先生に教えてもらってきませんでした。
残念なことに、我々に染み付いている英語の感覚は、主に文語タイプの英語です。つまり、英会話をするときにはあまり適しません。そのため、大人から始める英会話が難しいのは当然なのです。

しかし、良いニュースもあります。
それは、私たち全員、すでに中学英文法が身についているということです。平たい英語を話すためには、口語タイプの中学英文法を今一度見直すことをオススメします。

主に、徹底的に見直すべき文法はこちらです。
・文型
・時制
・不定詞
・動名詞

『なるべく平たく』を徹底すると、日本語から英語に訳す英会話から一歩抜け出すことができます。
私自身も、さらに”平たい英語”を研究していきたいと思っています。