先日、ボストンの美術大学生時代に使っていたスケッチブックや日記を見つけ、懐かしく中を開いてみました。

当たり前ですが、すべて英語で書かれていて、結構複雑な英文法も使いこなしています。
完全な丸腰状態で渡米した私のアバウトな英語がだんだん正確なものになっていった理由は、この英語で書く習慣だと思います。

ハッチのアウトプット授業は、「書いてから言う」を軸に行なっています。

英語でのボキャブラリーや言い回しの引き出しを増やすため、通常はテキストなどを使って暗記をします。
しかし、ハッチでは、自分で考えた文章を暗記してもらいます。

「とにかく平たく。」がテーマ。

1人ではできないパートを私がお手伝いさせていただきますが、あくまで主役は生徒の皆さん。
一回一回、主役は生徒さんなのです。

自分自身で書いたものは、絶対に覚えられます。
続けていけば、確実に英語力はつけることができます。