「学校の英語を勉強しても、英語はしゃべれるようにはならない」とよく言われます。
確かに、日本の学校では、英文法の勉強をたくさん勉強します。そのわりに、英語で話す練習はあまりしません。

かと言って、しゃべるための英文法をあまり勉強しないというわけではありません。
英語で話す練習をしないのは、「(英語でなくても)授業で発言をする文化があまりないからではないかな?」と思います。

学校の授業で言うと、口語と文語のバランスが悪いと思います。
受験や資格試験に必要な文語を教える方が圧倒的に多く、多くの日本人は口語の授業をあまりやってきていないはずです。

もう少し、「これは会話でよく使う英文法です」とか「この英文法は会話ではあまり使いません」とか、先生が教えてもいいんじゃないかなと思うのですが。いかがでしょうか?

ハッチでは、英文法を説明するとき、文語と口語の区別をはっきりしてから授業をしています。
口語で使わなければならない英文法は意外と少ないですが、その限られた英文法は、確実に習得すべきだと思います。