【動画あり】[リーディング] 【初級〜中級者向け】スキミングをマスター!【主旨の理解】

時間が足りなくなる理由

TOEFLやIELTSなど、テストには必ず傾向と対策があります。

特にリーディングは、テストの種類により、設問や選択肢にパターンがあるので対策しやすいです。

 

とはいえ、やはりタイムマネジメントが難しい。。

そう、時間が足りない!

↓↓↓↓↓

主な英語試験のリーディングセクション

  • IELTS:60分(長文3つ)
  • TOEFL iBT®:54分程度(長文3つ) ※ダミー問題なしの場合
  • TOEFL ITP®:55分(長文5つ)


タイムマネジメントが難しい…

 

テストで時間が足りなくなるのは、ある程度仕方ありませんが、

スキミングができない方は、答えを選ぶのに時間がかかりすぎてしまいます!

 

スキミングとは、非ネイティブ向けのリーディングテクニック。

しっかりマスターし、主旨などを問う『森問題』の正答率を上げましょう!

スキミングのやり方

スキミングは、『Skim(すくい)読み』のことをいいます。

すくうように、まず表面だけを理解するテクニックですね。

 

ポイントは、「読む」というより「理解する」イメージです。

知らない単語があっても、あまり気にしないようにしましょう!

 

スキミングで理解すべき内容:

  • タイトル

→本文の内容を推測しましょう。まだまだ分からないことだらけですが、慌てず落ち着いて進めましょう!

  • サブタイトル

→続けて、本文の内容を想像しましょう。タイトルをサポートする『事実』が見つかることが多いです!

  • 第1段落

→できれば、全部読みましょう。長い段落の場合、1〜2文目あたり&最終文は必ず読みましょう!

慌てて問題を解こうとすると、逆に時間がかかってしまいます。

まずはサッとできる範囲で構わないので、1〜2分程度のスキミングを行いましょう!

スキミングの注意点

●完璧は目指さないようにしましょう!

限られた時間内に一問でも多く回答できるようトレーニングしていきましょう。

●TOEIC® L&Rでは必須です!

Part 7ではいろいろな種類の文書が出題されますが、Eメール・手紙・お知らせ・記事などでは必ず『森問題』が出題されますので、スキミングは必須です。

●TOEFL®では注意しましょう!

段落が細かく分かれることのあるTOEFLの場合、 設問を追っていくとリーディングの主旨が理解できることが多いです。そのためスキミングは必須でないので、必要に応じて行いましょう。

●IELTSでは注意しましょう!

リーディングが長いIELTSの場合、スキミングに時間がかかることが多いです。設問を追っていくとリーディングの主旨が理解できることがあります。スキミングは、必要に応じて行いましょう。

●知らない単語があっても焦らないようにしましょう!

ご自分ができる範囲で行いましょう。

あきらめず続ければ、どなたでもできるようになります!

 

●リーディングにはスキミングとスキャニングが必須!
こちらもどうぞ→[TOEFL®対策] 生徒さんのお話 10

●TOEIC Part 7でチェックしてみよう!
外部リンク→TOEIC®リーディングセクション サンプル問題(ETS®公式サイト)