[リーディング]【スキミング・スキャニング】いらない情報は着ない服【英文を読むのに時間がかけない方法】

着ない服に埋もれる「着れる服」

クローゼットに服はあるのに、「どれを着ればいいか分からない!」ということはありませんか?

着ない服に埋もれ、「着れる服」が見過ごされているだけのことって、結構あると思うのです。

 

リーディングでは、長いパッセージの中に「いる情報」が隠れています。

しかし、いらない情報もじっくり読んでしまい、「結局どこが大切な情報なんだ?」と分からなくなる。

 

  • 知らない単語は、全部調べたり
  • 端から順に、読もうとしたり

 

同じところを行ったり来たりして読んでしまい、どこが「いる情報」か分からない。

そんな方、すごく多いです。

いる情報を「見つける」

TOEFLやIELTS、TOEICのような英語のテストでは、長いパッセージを短時間で読まなければなりません。

「読む時間がなくなるから、リーディングテストは苦手!」という方も、たくさんおられます。

 

実際、読むというよりは、「見つける」イメージ。

【いる情報】を「見つける」には、リーディングテクニックのスキミングスキャニングを使います。

 

スキミングで「見つける」

・主旨 → 第一段落にあります

 

スキャニングで「見つける」

・登場人物 → 男性 or 女性、大人 or 子供、人名、など
・数 → 日程、時間、人数、など
・所 → 都市、場所や施設の名前、など
・改善策 → 最後の段落にあります

「でも、それが見つからないから苦労してるんだよ〜!」という方は、単語力が不足しています!

まずは、英検2級〜程度の単語力を目指しましょう。

 

また、リーディングには、文法力も非常に大切です。

  • 主節
  • 副詞や接続詞

から、【いる情報】を見つけてていねいに理解しましょう。

 

単語力や文法力が足りず、リーディングの【いる情報】を見逃していませんか?

英文を読むのに時間がかかる方は、スキミングとスキャニングで【いる情報】を見つけられるか、ぜひチェックしてみましょう!

 

●リーディングにはスキミングとスキャニングが必須!
こちらもどうぞ→[TOEFL®対策] 生徒さんのお話 10

●TOEFL ITP®のサンプル問題を読んでみよう!
外部リンク→TOEFL ITP : Level 1 Section 3 Sample Questions(ETS®公式サイト)