[リーディング] いらない情報は着ない服

着ない服

クローゼットに服はあるのに、「着れる服がない!」ということはありませんか?

一方で、着れる服は、着ない服に埋もれ、見過ごされているだけのことが多いです。

 

リーディングでも、いらない情報を丁寧に読んでいる人がたくさんいます。

知らない単語はいちいち辞書で調べたり、端から順に読もうとしたり。

 

そんなことをしていると、「結局、どこが大切な情報なんだ?」と分からなくなる。

そんな方、結構多いです。

いる情報

TOEFL ITPでは、長文5つ(50問)を55分で読みます。

一問一問、じっくり読んでいる時間はありません。

 

「読む」というよりは、いる情報を「見つける」イメージ。

具体的には、どんな情報なのでしょう?

 

【いる情報】

・全体の主旨
・登場人物
・日時や時間
・住所や場所
・改善策 など

 

英語を日本語に訳して理解する方は、いらない情報を先に見つけがちです。

いる情報は、なるべく英語で見つけましょう!

 

また、文法も活用しましょう。

リーディングには、単語力だけでなく、文法力が非常に大切です。

 

文法力が足りず、いる情報を見逃していませんか?

単語の暗記に頼らず、文法力を見直してみましょう!