こんな方に

「ボキャブラリが覚えられない…」

「Integrated Taskは時間が足りない…」

「ちゃんとスピーキングできているか自信がない…」

「タイム・マネジメントが難しい…」

TOEFL iBT®は、2019年8月に内容変更され、問題数が少なくなり、テスト時間が短くなりました。

スピーキングとライティング では、リーディングやリスニングをヒントに解答するIntegrated Task(複合問題)もあるため、スピードとタスク・マネジメント力が勝負のテストです。

 

新テスト内容(出題順)

1. リーディング(54〜72分)

・アカデミックな長文読解3〜4 Passage
・各Passageに設問各10問
・ダミー問題が出る可能性あり

2. リスニング(41〜57分)

・講義を聞いて答える問題 3〜4題
・会話を聞いて答える問題 2〜3題
・ダミー問題が出る可能性あり

3. スピーキング(17分)

・Independent Task 1問
・Integrated Tasks 3問

Independent Task

・身近なトピックについて意見を述べる問題1問
・15秒でアイディアをまとめ、45秒解答する

Integrated Tasks

・リーディング+リスニングを基に話す問題2問
・リスニングのみを基に話す問題1問
・20〜30秒で情報をまとめ、60秒解答する

4. ライティング(50分)

・Integrated Task 1問
・Independent Task 1問

Integrated Task

・リーディング+リスニングを基にエッセイ形式の答案を書く問題1問
・20分で情報をまとめて書き終える(150〜225 words)

Independent Task

・意見を支持する文章を書く問題1問
・30分でアイディアをまとめ書き終える(300 words以上)

レッスン内容

●ストラテジー

語いや文法などの基礎知識はもちろん、解答準備や時間配分、スキミング&スキャニングなどのテクニックを習得して、TOEFL iBT®向けのストラテジーを十分理解します。

スピーキングとライティングでは、Independent Taskはもちろん、複合問題のIntegrated Taskのアイディアをまとめるトレーニングをします。

どんな内容が出題されても対応できるよう、テストに備えましょう。

●ブレインストーミング

ライティングとスピーキングでは、タイム・マネジメントとアイディア出しのスキルがスコアに大きく関わります。

出題傾向をしっかり頭に入れ、集中して受験できるよう準備しましょう。

●メモ取り

TOEFL iBT®対策=単語の暗記や音読練習ばかりをしていませんか?

基礎力や知識があっても、スコアが取れなければ意味がありません。

リスニングのあるタスクでは、ポイントをおさえてメモを取れるよう、トレーニングで鍛えましょう。

TOEFL iBT®攻略の5 STEP

STEP 1 基礎知識

TOEFL iBTのテスト構成をはじめ、時間配分やストラテジーなど、必要な基礎知識を学びます。

STEP 2 基礎力づくり

適切な語いや文法をインプットし、スコアアップのために必要な基礎力づくりをします。

STEP 3 トレーニング

繰り返しトレーニングして、スキルの定着を目指します。

STEP 4 実践練習

時間を計り、時間配分を意識した練習をします。

STEP 5 模擬練習

実際に受験を想定した模擬練習を行い、本番に備えましょう。

プラン料金

プラン

90分(初級〜) 4回・8回・12

料金

詳しくはこちらをご覧ください。

 

* TOEIC and TOEFL are registered trademarks of Educational Testing Service. This website is not endorsed or approved by ETS.

無料体験授業

【受付時間】

●対面

平日・土曜日 11:00〜20:00
日曜日・祝日 11:00〜18:00
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室で承ります。

●オンライン

全曜日    9:00〜21:00