アウトプット英語ビジネス編

ビジネスパーソンの英語

数年前から、社内の公用語が英語という会社が増えました。
ハッチの生徒さんにも、該当する方がいらっしゃいます。

このようはビジネスパーソンは、もともと英語の上級者です。
流暢に英会話ができ、TOEICなどテストの高スコアも持っていらっしゃいます。

さらに、社内では責任のあるポジションに就いています。
英語初級者の方から見ると、「英語がペラペラ」な方々だと思います。

しかし、社内で英語が必要な方にとって、それは不十分です。

英語で聞き、英語で考え、英語で意見を交わすという、複合的なスキルが問われるからです。
あらゆるアクセントを持った人の話す英語を理解する、リスニング力も必要でしょう。

「分からない」「知らない」は通用しない

通常、社内のコミュニケーションはこんな感じだと思います。

「聞かれたことに答える。」
または、「聞いたことに答えてもらう。」

しかし、「答えづらいこと」が話題になることがあります。
会議では、初めて聞くこともあるでしょう。

その場合、なかなか「分かりません」「知りません」とは言えません。
「調べて、後で答えます」も、限度があると思います。

このような場合、コミュニケーション力ではなく、能動的に意見を言うアウトプット力が必要です。

能動的に意見することで攻める

知らないことは話せませんが、知っていることは話せます。
つまり、「聞かれたことに答える」のではなく、能動的に意見をアウトプットするのです。

余談ですが、英語講師に必要なのは、あらゆる知識やネイティブ並みの発音だけではないと思います。
もっと大切なのは、「よく聞こえるハキハキした声」です。

黙ればゼロ。
しかし、アウトプットを積み重ねれば、結果10が100になります。

意外と簡単なところに、解決策があります。
”英語風”のノリでない、攻めの英語力をつける方法は、必ずあるとハッチは考えています。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00

【場所】
東神奈川校(横浜市神奈川区西神奈川1-13-12アーバンビル6F)
関内校(横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル3F)