英語講師になって以来、ずっと考えてきたことがあります。
「外国に長期滞在して英語が話せるようになるのは当たり前だが、日本にいながら英語を話せるようになるにはどうすればいいのか?」ということです。

子供の頃に英語の絵本を読む?
「大人になってからは無理?」

学生時代に洋楽にどっぷり浸かる?
「日本文化の方が好きな人は?」

英会話教室で外国人講師の授業を取る?
「あのノリについていけない人は?」

私の経験から言うと、なにはともあれ『文型』。
たかが文型。されど文型なのです。

日本人が日本人らしい英語を話すには、英文の文型に沿って書いたり話したりすることが最も大事だと私は思っています。
文型に沿った英文を、起承転結に当てはめて話していけば、英語で話せないわけがありません。

日本語から英語に訳しがちな方にぜひやっていただきたい練習は、『英語の文型』と『英文の構成』の理解です。
難しい英文法の知識や辞書で引いた単語の使用をなるべく除外し、必要なだけの知識を残して使い回すのです。

いわば、知識の断捨離。
一つ捨てると、一つ新しいことが見えてくるものです。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00

【場所】
東神奈川校(横浜市神奈川区西神奈川1-13-12アーバンビル6F)
関内校(横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル3F)