実は、「なんでもいいから思う通り自由にやってみて。」と言われると、結構困ります。
特に、勉強する時に言われるとサイアクです。何を読んで、どのページを参考に、何から書き始めるか分からないと、その勉強は嫌いになってしまいます。

逆に、英語の勉強を中1で始めた頃は、「楽しく自由に」始まります。
レッスン1は、だいたいどの教科書も日本人学生が外国人学生と仲良くなるストーリーです。当時の私は、「英語の勉強って楽しいな!」と思っていました。

なのに、英語学習過程のある時期に突然難しくなる時がやってきます。
それが、『文型』だと私は思います。たった5つしかないのに、なんか難しい・・・。

それまで楽しくやってきたのに急にお勉強モードになり、戸惑ってしまいます。
なのに、先生はまるで「これまで通り」のような雰囲気で、構わずどんどん進めていきます。日本語から英語に訳す練習も急に減って、まるで暗号か何かの話をされているように気にすらなってきます。
当時の私は思いました。「日本語の品詞や動詞の活用もよく知らないのに、英語の文型なんか分かるはずない・・・。」

学生時代にやっていたように日本語から英語に訳すと、相手に通じる英語を話したり書いたりすることはできません。
まず、主語と目的語には、名詞を入れなければならないことを知らなければなりません。そしてその名詞は、「人」か「モノ」に分類されます。

同時に、主語や目的語を「人」か「モノ」で分けるには、動詞の使い方を正しく理解しなければなりません。
誰もが知っているhaveやuseも、主語や目的語に合うように使えば正しく聞き手や読み手に伝わりますが、正しく使わないと相手に通じないことが多いのです。

日本語から英語に訳す英語から一歩抜け出て、確実に”相手に通じる英語”を習得するため、よく使う単語と文型を正しく理解することがとても有効です。
英語が話せるようになるために大事なことは、外国人風のノリでなく、まずは英文を書くことに慣れるのが一番の近道だと私は思います。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00

【場所】
東神奈川校(横浜市神奈川区西神奈川1-13-12アーバンビル6F)
関内校(横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル3F)