【リスニング】映画、字幕なしで見れたらどうなる?

暗記とバイリンガルは違う

「英語の映画を、字幕や吹き替えなしで見れるようになりたい!」と思ったことはありませんか?

 

字幕なしで映画を見れる人はバイリンガルと言えますが、日本に住みながらバイリンガルになるには相当な努力が必要です。

そんな理由で、「子どもの頃に、バイリンガル教育を受けてたらなぁ〜」といった声も、よく聞きます。

 

幼い頃に、ディスニー映画で初めて英語に触れる人が多いです。

お子さんはお気に入りを繰り返し見るので、セリフを暗記してしまいますね。

 

そのうち、字も読めない幼児でも、だんだん英語のセリフを言えるようになったりします。

一見、バイリンガル教育のおかげで「英語で映画を理解している!」といった感じです。

 

ところが、これは、リスニング力がついたわけではありません。

お子さんはストーリーはアニメを『目』で理解し、セリフは、ただ丸暗記しているだけなのです。

 

そのため、ディズニー映画で英語に触れていた方やキッズ英会話を習っていた方でも、

大学生や社会人になってからリスニングで苦労することは大いに考えられます。

ただし、途中でやめてしまわずにやり続けている方は、バイリンガルになれる可能性は大です。

 

小さな違いに気づける『お得感』

ただ、ムリに字幕なし映画を見ることはないとも言えます。

翻訳ツールや通訳アプリなど、テクノロジーを利用するのと同様、

「便利なものは活用する」という感覚です。

 

ただ、映画を見ながら

たまに「この訳は、なんかちょっと違うな。。」などと感じるのはおもしろいです。

そんなときは、「映画は、なるべく字幕なしで見たほうがいいな」とも思うでしょう。

 

つまり、ちょっとした『お得感』があると思います。

他には、「字幕を読む手間がないので、リラックスして映画を見れる」といった感じです。

 

 

ちなみに、映画を字幕なしで見るためのリスニング力は、朝から晩まで英語漬けの生活でかなりつきます。

最初のうちは、知っている単語であっても、速くて聞きとれないことも多々あるでしょう。

 

もちろん相当な忍耐が必要ですが、トレーニングというものは、とにかく休まずやり続けることが重要です。

映画を字幕なしで見るには、時々音読練習するくらいでは身につきません。

 

もしあなたが映画を字幕なしで見れるくらいリスニング力をつけたい場合は、一度ぐっと学習のハードルを下げましょう。

『バイリンガルは1日にしてならず』。

トレーニングを、コツコツとやり続けられるコツなのです。

 

ハッチ横浜英語教室では、英語に自信がない方や、独学で手応えを感じない方におすすめの、

  • 語彙・文法・文化を学べる『インプット』
  • 基礎力を鍛える『トレーニング』
  • 応用・実践・マネジメント力を強化する『アウトプット』

を組み合わせたマンツーマンレッスンを行なっております。(ライティングは添削付き)

どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

〜こちらもどうぞ〜

音読練習はゆっくりが基本!

〜まずは短い会話から〜

TOEIC® Listening Tests Part 2 サンプル問題(外部リンク)