映画を字幕なしで見る

キッズ映画でも難しい!

子供の頃、英語でディズニー映画を見ていた人も多いのではないでしょうか?

 

親御さんから、「あなた小さい頃、英語で映画見てたのよ〜」なんて言われたりして。

「映画を見ているうちに、この子は、英語が理解できるだようになるんじゃないかしら?」と。

 

でも、実際は、英語を理解していたわけではありません。(ごめんなさい!)

繰り返し聞くことで、ただセリフを覚えてしまっているだけなんですね。

 

決して、リスニング力がついたわけではない。

「話の内容が分かっているだけ」なのです。

 

子供の頃、英語でキッズ映画を見ていた方や英会話を習っていた方でも、大学生や社会人になってからリスニングで苦労します。

でも、これは普通のことです。

インプットのみはNG!

リスニング力は、朝から晩まで外国人と接して生活する”英語漬け”ですと、かなりつきます。(最初はかなり大変でしょうが。。)

しかし、日本で生活しているとそれは難しいですし、勉強するにしても、リスニングは『インプット』の学習に偏りがちです。

 

また、英語の映画をちょっとだけ聞けたとしても、単語の意味が分からない。

知っている単語があっても、速くて聞きとれないことが多々あります。

 

それを解決するのが、リスニングには珍しい『アウトプット』の練習。

「音読」や「シャドーイング」です。

 

当教室では、生徒さんのレベルにより、徐々に難易度を上げていきながら繰り返し練習します。

そうすることで、バイリンガルの感覚で(日本語を介さず理解する)、だんだんリスニングができるようになります。

自分に合う教材とは

最初は、とにかく音源が短いものがよいです。

いきなり映画を題材に練習することは、あまりおすすめしません。

 

それから、スクリプトがないリスニング練習も、あまり効果がありません。

「『聞き流すトレーニング』って、効果あるんですか?」とよく聞かれますが、スクリプトがあればトレーニングOKです。

 

トレーニングは、とにかくやり続けることが重要。

『音読』も『シャドーイング』も『聞き流すトレーニング』も、継続してやらないと、意外とすぐにゼロに戻ってしまうんですね。

 

すぐにはできるようにはなりませんので、根気も大切。

ハッチ横浜は、「映画を字幕なしで見たい!」という方を応援しています!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA