今始める、シャドーイング

TOEIC®VERSANT®スコアUPにも

TOEIC®やVERSANT®のような英語のテストは、今ある英語力を測る手段として最適です。

就活に有利なため大学生にも人気のテストですが、私の経験から言うと、社会人の受験が圧倒的に多いです。

 

というのも、社会人は、比較的お金に余裕がある。

受験費用を負担してくれる会社も、結構多いからだと思います。

 

ちなみに...

TOEIC Listening & Reading 税込6,490円 (←2020年4月に値上がり済)

TOEIC Speaking & Writing 税込10,450円

VERSANT  税別5,000円

英語テストの受験料って、結構お高いんですよね...

 

それに、スキルアップのため、英語の資格を取りたい社会人はたくさんいると思います。

スコアを取得し、定年退職後、英語講師を始める方も結構いらっしゃいます。

 

かといって、単語の暗記から始める?

いえいえ、それは、多くの人が挫折済み。

 

実務につながる資格試験で、暗記だけやっておけばOKなんてテストはありません。(当たり前!)

 

特に、語学の学習は、インプット系&アウトプット系の両方を学習してこそ身につきます。

まさにVERSANTのようなスピーキングテストは、話すアウトプット学習に加え、インプット学習のリスニング力を鍛える学習が必要。

 

そんな方々に今すぐ始めて欲しいのが、シャドーイング(shadowing)練習です!

 

シャドーイングとは、CD等の音源を利用し、『ネイティブと同じスピードのリスニングができるようになる練習』です。

元々は通訳訓練の練習ですが、初心者さんでも割りと簡単に進歩を感じられると評判の、『リスニング向けアウトプット系トレーニング』なのです。

 

まさに「暗記は苦手…」という人にはうってつけですが、1回や2回ではできるようにならないので、飽きやすい人は要注意。

あと、やはり多少の時間の確保は必要です。

 

「単語の暗記をしても、スコアがUPしない!」

「英語は嫌いじゃないけど、勉強が苦痛!!」

こんな方は、ぜひシャドーイングの学習をプラスしてみてください。

スコアUPしやすいリスニング・セクション

スピーキングテストのみならず、シャドーイングは、TOEICのリスニング対策にもうってつけです。

おまけに、リスニング・セクションは、スコアUPしやすい。

 

リスニングで1問正解するのも、トリプルパッセージ(長文読解)で1問正解するのも、同じ1問ですしね。

ミスせずリスニングを回答できれば、必ずTOEICはスコアUPできるというものです。

 

ところで、シャドーイングは、ステップに沿ってトレーニングすることが大切。

諸説ありますが、ハッチ横浜では、3ステップに沿ってやっています。

 

Step 1:音読

Step 2:オーバーラッピング

Step 3:シャドーイング

各ステップを流ちょうにできるようになってから、ステップを上げていきます!

 

音源は、今持っているTOEICのテキストで十分です。

テキスト付属の音源とスクリプトを使用し、Step 1〜Step 3を、できるまで行います。

 

多くの人が勘違いしていますが、TOEIC関連のテキストは、何冊も買えばいいというものではありません。

ネットでも本屋でもたくさん売ってるので、ついつい買いたくなっちゃうと思うのですが…

 

代わりに、一冊、ほぼ完璧にできるまでやりましょう。

「この問題集と丸々同じ問題が出たら、絶対に990点(満点)取れるぞ!」と思えるくらいまで、とことんやります。

 

余談ですが、あまりオススメしないのが、こういうタイプのテキスト。

『○○日で完成!初心者でもスコア●●が取れるTOEIC問題集』…

 

TOEICのプロが書いた解説は、意外と分かりづらいものです。

もしも思い当たることがある方は、学習法を見直す必要があると思いますよ。

無料体験&個別相談

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します

お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA