リスニングテストが苦手な人の特徴

聞けるチャンスは1回!

英語のリスニングテストって、ペースを崩すと怖いですよね。

焦れば焦るほど集中できなくなってしまうのが、リスニングテストです。

 

そのため、ペースを守ることが非常に大切。

一回しか聞くチャンスがないので緊張しますが、気持ちを整え集中して聞きましょう。

 

また、ペースを崩しても、焦らないようにします。

放送が始まったら、選択肢に目を落としつつ、耳に集中します。

 

でもやはり一番大切なのは、基本的な聞く力を伸ばすこと。

ストラテジーやテクニックだけでは、どんなテストでもムリがあるというものです。

読むスキルも必要

リスニングテストでは、設問や選択肢を、読むスキルも必要です。

同時に、リーディングもしているようなものですね。

 

このように、リスニングテストは、「耳だけ鍛えればOK!」というわけではありません。

迷っているうちに次の放送が始まってしまったり、「答えを絞りきれない!」という方は、読む力を鍛えましょう

 

ただし、テストには傾向があります。

まずは、設問の出題パターンをしっかり把握すると良いです。

 

さて、あなたが見直すべき点はどこですか?