【リスニング】テストのタスク・マネジメントができない人の特徴

①知らない単語は聞こえる

リスニングテストって、ペースを崩すと怖いですよね。

焦れば焦るほど集中できなくなってしまい、実力を発揮できなかった経験のある方は多いと思います。

 

このような方は、基本的な英語の知識が足りないことが多いです(当然ながら、という感じですが)。

ただ、単語を暗記したり、スクリプト原稿を「なんとなく」音読練習しているだけではNGです。

知識が足りない状態では、放送をリスニングするだけでなく、設問や選択肢を「読む」ことの難易度もかなり上がってしまいますので、注意が必要です。

 

そのような方は、まず単語力の改善を行いましょう。

単語力が足りない方は、

  • 知らない単語は聞こえてくる

ことが多いです。

語彙力がない方ほど、聞こえてくる単語の意味を考えることに集中してしまい、知っている単語すら聞こえなくなっている可能性が高いです。

「そもそも知識が足りない」

②英語の発音が苦手

また、英語を発音する(聞くだけでなく)のが苦手な方も、リスニングの基礎力が足りないと言えます。

発音が苦手かどうかの目安としては、

  • RとLの発音が苦手
  • a/anやthe+名詞の発音が苦手(例:the appleを「ジアポォ」でなく、「ザ・アポォ」と発音してしまう)

が挙げられます。

 

また、

  • アクセントが苦手(例:サーティーンサーティーの違い)
  • 切るべきところではないところで切って発音しまう(例:I am a ・student.)

ような方も気をつけましょう。

「伝わらない発音はNG」

 

発音が苦手な方は、ストラテジーやテクニックに頼りすぎている可能性があります。

「読む」「知る」でリスニングをカバー!

リスニングテストでは、選択肢を「読む」スキルも必要です。

リスニングと同時に、リーディングもしているようなものですね。

 

また、テストには傾向がありますので、まずは、設問の出題パターンをしっかり把握しましょう。

「急がば回れ」

リスニングテストが苦手な方は、英語を「読む」も苦手な可能性が高いです。

 

できることから、日々コツコツと行いましょう!

 

ハッチ横浜英語教室では、リスニング初心者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

〜リスニングの基礎力UPを目指そう!〜
こちらもどうぞ→テクニックより音読練習

〜TOEIC®のサンプル問題にチャレンジしよう〜
外部リンク→【公式】サンプル問題 TOEIC L&R Test(ETS® 公式サイト)