【IELTS】【TOEFL】日本語テキストor洋書テキストどっち選ぶ?

女性

日本語テキストの特徴

テスト対策のテキストは、たくさんありすぎます。

どれを買えばいいか分かりません!

そうですよね。

本屋さんに行くと、いつも驚きます!

TOEFLやIELTSなど、テスト対策のテキストは9割ほどが日本語テキストです。

日本語テキストしか使ったことないなぁ。。

日本語テキストの、特徴はなんでしょうか?

  • テスト概要が理解しやすい
  • 攻略法が詳しく載っている
  • 日本語訳・単語の意味が書いてある

ここでの日本語テキストとは、「日本人向けテキスト」のことです。

このようなテキストは、テクニック面のメリットがあります。

ただし、デメリットもあります。

  • 英語に触れる時間が少ない
  • 実践力がつきにくい
  • 日本語訳がいまいち分かりにくい

訳の意味が、よく理解できないことも。。

IELTSやTOEFLは、内容が学術的なので仕方ないです。

しかも、訳は意訳(大体の意味)です。

そのため、英語とのギャップを埋めることができません。

日本語テキストは、意外と不便に感じることもあります。

この「日本語と英語とのギャップ」は、英語のみのテストを受けたりするときに、『壁』となる可能性があります。

時々、本当に英語力がついているのか不安になります。。

それから、「●●日で攻略」といったテキストは、人によって向き不向きがあります。

集中力に自信がある人は、活用してください。

解説が多すぎて、私は挫折してしまいました。。。

洋書テキストの特徴

でも、洋書テキストはハードルが高い気がします。

解説も英語で書いてあるものは、本屋にあるテキストのうち1割程度で、主に公式テキストです。

しかし、洋書テキストには大きなメリットがあります!

ここでの「洋書テキスト」とは、英語圏以外の人のために作られたCambridgeやETSから出版のテキストです。

  • 実際のテストと同じ感覚で勉強できる
  • 英語を英語で理解するので『壁』が減る
  • インプット量が多いので知識が増える
  • 短期集中学習に向いている

初中級以上の人の短期集中には、だんぜん洋書テキストです!

一方、デメリットもあります。

  • 慣れるまで大変
  • 最初の負荷が大きい

初心者さん・初級者さんの独学では、ハードルが高すぎるので向きません。

TOEFL Official Guidebook(TOEFL公式サイト)

まずは、日本語テキストから始めようと思います。

どちらのテキストを使ったとしても、継続して学習することは欠かせません。頑張ってください!!

テキストは数種類を準備し、ご自分の目標スコアに向けて使い分けましょう!

☆今回のポイント☆

  • 初心者・初級者のスタート→日本語テキスト!
  • テクニックや攻略法を詳しく学べる→日本語テキスト!
  • 英語を英語のまま理解する→洋書テキスト!
  • 初中級以上の人が実践力をつける→洋書テキスト!

お気軽にお申し込みください。

パソコン

営業時間

平日 9:00~21:00 / 土日祝 9:00〜18:00 (お盆時期・年末年始を除く)

東神奈川教室

横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内
JR京浜東北線『東神奈川』/ 東横線『東白楽』から徒歩5分/ 京急線『京急東神奈川』から徒歩8分(自転車置き場あり・近隣にイオン駐車場駐輪場あり)

オンライン

メールにて、事前に招待リンクをお送りいたします。当日リンクをクリックしてご接続ください。