【IELTS】ライティング Task 1 のタイムマネジメント

カッコいいより「正確さ」

Task 1は、20分程度で単語数150 words以上のライティングをするタスクです。

意外と短いライティングなのですが、苦手な方が結構多いです。

 

というのも、データの比較がちょっと難しいからです。

データの比較をライティングするというと、「カッコいい英文」を思い浮かべる方もいるかもしれません。

 

しかし、Task 1では、比較対象を見たまま正確に書くことが重要です。

まずは、質問をよく理解することが大切!(意外と見落としがちです。)

 

質問に対する回答、つまり、達成度=『Task achievement』のクリアを目指します。

焦らず丁寧に質問をよく読み、ライティングの比較対象を決めましょう。

 

続けて、実際にライティングします。

書く内容がまとまっていれば、ライティングにはそこまで時間はかからないはずです。

 

気をつけたいのは、使い慣れない単語や、発展文法を使ってしまうこと。

バランスが悪く、ミスの多いライティングになりがちです。

単語を言い換えて使ったり、基礎文法を使いこなして、なるべく短時間でライティングできるようになりましょう!

時間配分を守ろう

IELTSライティングでは、マネジメントもテストの一部

Task 1が苦手な方は、このようなことを気をつけトレーニングを行いましょう。

【Task 1のトレーニング】

1)矛盾のない正しい分析力

2)同じ表現の繰り返しを避ける語彙力

3)文型や時制を正しく使える文法力

 

上記をふまえながら、時間配分は必ず守りましょう。

考えながらライティングすると、必ず時間が足りなくなります!

【Task 1 タイムマネジメント】

  • 書く内容を決める 3~5分
  • ライティング 10~15分
  • チェックタイム 2~3分  (計20分)

 

特に、チェックタイムはとても大切!

どんな方も、スペルミスや文法ミスが1つ2つ見つかるはずです。(ミスは減点対象です。)

 

英検のライティングに慣れてしまっている方も、要注意です。

IELTS対策はIELTS向けのトレーニングを行い、書く力を養いましょう!

 

ハッチ横浜英語教室では、IELTS初心者さんや、ライティングに苦手意識がある方も安心の、『インプット』『トレーニング』『アウトプット』を組み合わせた添削付きマンツーマンレッスンを行なっております。

「IELTSスコアが取れるようになるのかな?」と心配な方も、どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

〜IELTS公式サイト〜

こちら(外部リンク)