【IELTSリスニング】問題用紙はヒントの山

意外とできない、リスニング

昨今、大学生さんからのレッスン申し込みが増えています。

センター試験廃止の背景で、現役の大学生にまで、英語力アップが求められているのではないでしょうか?

 

とはいえ、日本に住みながら英語力をアップするのは、なかなか難しい。

授業で英語を学んでいるとしても、それ以外は、日本語で生活しています。

 

中でも「ライティングとスピーキングは難しいよね〜」という人はいいのですが、

意外と「できそう」と思っている、

リーディングとリスニングのスコアアップができない学生さんがすごく多いです。

 

リーディング対策は、単語暗記すれば少しはできるものの、

リスニングは、「そもそも音源が聞き取れないから問題が解けない!!」という方、いませんか?

ヒントだらけの問題用紙

変なこと言いますが、

IELTSリスニングは、「音源は全部を聞けない前提」で解かなければならないのです。

 

基本的な語彙力がある前提で言うと、

IELTSリスニングは「問題と選択肢の先読み」をすることで、スコアアップが期待できます。

 

特に、IELTSは紙ベースで受けられ、

アンダーラインは引き放題、メモは書き放題。

これを生かさないわけにはいきません。

ネガティブ単語にアンダーライン

どこにアンダーラインするか具体的に言うと、ズバリこちら。

  • ネガティブな単語

 

特にSECTION 2と3の『空所補充問題』と『選択問題』では、

問題文の中に、ネガティブ単語が見つかります。

 

と言うのも、英単語は合理的にできており、

  • ポジティブな単語
  • ネガティブな単語
  • どちらでもない単語

に分かれます。

 

リスニングの内容も、

「ポジティブ」or「ネガティブ」に分かれやすい。

 

そして、あらかじめ先読みしてチェックしておくと、

安心してリスニングが耳から入ってきやすいのです。

 

さらに、IELTSリスニングには、サービス問題があります。

表やイラストの空所を補充する問題で、かなりやさしいです。

 

やさしいのですが、、、

リスニングが始まるまでに、問題を検証しておかないとなりません。

検証をしないでリスニングすると、きっと音源は耳に入ってこないでしょう。

 

IELTSリスニングでは、

「ヒントとなるヒントはすべて利用する」が大前提。

 

リスニング対策、効果的にできていますか???

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA