【初級】アイディアから見える主張 IELTS W Task 2

その表現、遠回しじゃない?

単語や文法をよく知っていても、ライティングができるとは限りません。

特に、アカデミックなライティングは英語専攻の学生にとっても、結構難しいです。

 

その理由は、受け身な日本文化。

なので、学校の授業や上司の指示待ちに慣れている人にとって、英語のライティングは難しいのです。

 

「ライティングに時間がかかる!」と悩む人は、遠回しで受け身なアイディアが原因。

英語は言い回しが率直なので、まずは、遠回しな意見は避ける必要があります。

アイディア出し練習をしよう

とある公立大学で、IELTSライティングの講習を実施した時のこと。

 

生徒さんは、IELTS受験に挑戦する1〜4年生。

ほぼ全員、「交換留学を目指しているから」「就職に便利だから」という理由で受講していました。

 

おまけに、皆さん「ライティングは自信なし!」という人たち。

独学でIELTSを勉強してきた生徒さんもいましたが、基礎の基礎からスタートしました。

 

まずは、基本文法の知識のインプットと、お題に合ったアイデアを出すアウトプットです。

ポイントは、率直で能動的なアイディア出し。

 

さて、一体どうなったのでしょうか??

アイディア=意見ではない

一つ目のお題:『パートタイムジョブの良いところ・悪いところをあげる』

だいたい、こんな感じでアイディアが出ます。

 

【良いところ】

・お金を稼げる

・学校生活以外の経験ができる

・さまざまな立場の人と知り合える

 

【悪いところ】

・勉強時間が減る

・人間関係がめんどう

・就活時期はできない

 

このように2〜3個はすぐに答えられますが、たくさんがあげるのは意外と難しい。

なので、たくさん出すため、掛け算でアイディアを出します。

 

率直でポジティブなアイディアを出すことが大切です。

後ろ向きなアイディアは、できるだけポジティブに変換します。

 

中には、「ホントはそんなこと思ってないんだけどな…」とか、率直でポジティブなアイディア出しをためらう人がいます。

しかし、アイディア出しは、個人の意見を出すことではありません。

 

アイディア出しとは、アイディアの引き出しを増やすこと。

このように練りに練って出したアイディアを、説得力のある主張として語るのが、アカデミックなライティングなのです。

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA