留学準備英語

英語を専攻していない大学生の英語力

2013年に始まった文科省の『トビタテ!留学JAPAN』キャンペーンや、グローバル事業を掲げる大学、などなど。大学生の留学を応援する活動は結構あります。そんな中、私の興味は、帰国子女やバイリンガルでない一般的な日本人学生の英語力です。特に、英語専攻でない大学生の留学について、よく考えます。

というのも、受験に必要な「読む」「聞く」は中学や高校で嫌でも勉強しなければならないけれど、大学生になると、英語専攻の学生以外はなかなか英語に触れなくなります。おまけに、交換留学にスコア提出が必要なTOEFL®やIELTSは、テストの場面設定が主にキャンパス内の話。英語専攻以外の学生にとって目標スコアを取るのは、なかなか険しい道のりだと言えます。

しかし、経験上、英語専攻以外の学生の方が、より熱心に私の授業を受けていると感じることがあります。このような学生は、アカデミックな英語学習のスタートは遅れているかもしれませんが、英語専攻の学生より英語力が高いと思うこともあります。

しかし残念なことに、英語専攻以外の学生はモチベーションを保ちにくいため、「いずれ役立つだろう」となんとなく取ったTOEFLやIELTSの授業はドロップアウトしがちなのも事実です。大学のみならず、集団授業というものは、受講者全員が同じレベルとは限りません。授業によってはクラス分けをしないこともあるので、授業についていけない学生がいるのは当然です。

問題はズバリ文法力

英語の四技能に共通して必要なのは、語彙力と文法力。しかし、授業をドロップアウトしてしまう学生は、そもそも英語の文法に苦手意識があるのではないでしょうか?「大学受験したんだから、最低限の文法力はあるのでは?」と不思議に感じる人もいると思いますが、悲しいかな、受験勉強でつめ込んだ文法は、すぐに忘れてしまいます。

さらに、TOEFLやIELTSには、受験勉強よりも一つ上の文法力が必要です。ただ、一からやり直す必要はありません。力がないものから取りかかりましょう。自分に力があるかどうかチェックするには、「人に説明できるか」を目安にするといいと思います。特に、英語専攻以外の学生は、自分が持っている力を伸ばすつもりで学習すれば、他の勉強とも両立できると思います。

今年教えた生徒に、こんな大学生がいました。「理系学部なので英語にはずっと苦手意識がありますが、文法が分かると、英語がすっと入ってくる気がします。」こなす問題が多いTOEFLやIELTSなどのアカデミックなテストに必要なのは、スピード重視の速攻力。そのためには、「まずはやっぱり文法力!」と感じた一言です。

失敗する人は基礎力をないがしろにする

スピード重視とはいえ、要領を身につけるべく、戦略分析を優先するのは危険です。TOEFLやIELTSも他のテスト同様、傾向と対策を分析することは大切ですが、「テストあるある」や「自分の経験」を「これがもっとも大事!」のように話す先生も、要注意。万が一そのような先生に当たった場合は、不明な点は必ず質問をするようにしましょう。

文法を理解すると、もちろんアウトプット力も向上します。四技能のうち、スピーキングとライティングの2つがアウトプット英語。アウトプット英語を、優先して学習しましょう。ほとんどの学生はインプット英語を中学と高校で少なからずやっていますので、アウトプット英語をやりながらでも、TOEFLやIELTSのリーディングとリスニングは攻略できると思います。

日常生活で目にする文書やニュースを「読む」「聞く」。教師や留学生と交流する「話す」。そして、メールやショートメッセージを「書く」。どれも、留学に必須な技能です。英語専攻であろうがなかろうが、そう簡単には身につけられません。でも、基礎力があれば、必ず目標スコアに到達することができます。まずは自分の基礎力をチェックして、客観的にテストを受けられるよう学習していきましょう!

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。