ネガティブ?日本人の英語

ネガティブ過ぎ?日本人的アウトプット

日本のビジネスパーソンは、仕事のことをブラックジョークにする人が多いです。

「疲れる…」
「残業がしんどい…」
「通勤電車が地獄…」
「早く帰りたい…」

 

これを英語にすると、

I get tired….
I usually overwork….
I hate crowded trains….
I wish I could go home early….

 

そもそも日本語表現は、へりくだるのが当たり前。

なので、日本人の心の声をそのまま英語にすると、かなりネガティブな英語表現になるのは当然ですよね。

 

でも英語って、なんだか強い意志を持って、ポジティブに物事を語るイメージがあります。

スティーブ・ジョブズのプレゼンとか、アメリカ大統領のスピーチとか。。。

 

だったら、英語は、もっとポジティブにアウトプットしなきゃ!

そう考える人は、多いかもしれません。

『日本人の英語』があってもいいじゃない!

確かに、英語のポジティブ表現はかっこいい。

へりくだる日本文化よりも、英語は、率直ですがすがしい。

 

しかし、シンガポール英語やインド英語があるのと同じで、『日本人の英語』があってもいいじゃないですか!

なので、ブラックジョーク的な表現も、ぜひ覚えていただきたいと思うのです。

 

でも、英語で、相手に伝わらないと意味がない。

じゃあ、どうすればいいか??

 

ブラックジョーク的に英語でアウトプットをする場合、後半に、発言のポイントを置きます。

話の後半(結論)の内容を工夫すると、アウトプットはポジティブにまとまりやすいのです。

 

●「疲れる…」I get tired….

「でも、同僚に助けられている」But my coworkers help me.

●「残業がしんどい…」I usually overwork….

「でも、休憩を多めにとっている」But I take a break many times.

●「通勤電車が地獄…」I hate crowded trains….

「でも、ちょっと早く家を出ようと思っている」But I will leave home earlier.

●「早く帰りたい…」I wish I could go home early….

「でも、長い夏休みが取れると思う」But I hope to have a long summer vacation.

 

そう、

“But〜”がポイントなのです。

 

英語は、butの後ろに結論を語ることが多い。

だから、ネガティブに始めても、アウトプットはバランスよくまとまります。

 

こんな感じで、「英語で話すときも、『日本人の英語』をなくさずに!」というのが私の理想。

そうすることで、外国人風のノリに惑わされず、会話の主導権もこちらが握れるというものです。

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA