[全3回] 英語履歴書&面接講座 2

アイキャッチ

ちょっとだけフォーマルに

今年も、アーティスト向け英語講座を実施させていただきました。

今回のテーマは、『インタビュー(面接)』です。

 

英語のスキルは、海外の滞在制作をするアーティストさんには欠かせません。

ちょっとフォーマルな英語を使うことがポイントですが、フォーマット(雛型)も結構使います。

 

インタビューは、どんなことを聞かれるか事前に推測できます。

日本語の面接と同じですね。

 

講座では、フォーマットを参考に、ご自分の台本(セリフ)を作成します。

フォーマルな言い回しに、少しずつ慣れましょう!

ブログ

著名人インタビューも参考に

英語で話す、著名人(非ネイティブ)のインタビュー動画も見てもらいました。

母国語の発音のまま英語でインタビューを受ける動画は、とても参考になります。

 

「サービス精神と度胸がすごい!」

「何度も練習したんだろうな〜。。」

「はっきり自信を持って話してる。」

 

英語のフォーマルさは、日本語のフォーマルとはちょっと感覚が違います。

想像以上にフレンドリーかもしれません。

 

インタビューは、緊張せず気楽にのぞむくらいが理想。

万全の準備と度胸で、乗り切りましょう!

ブログ