[全3回] リーディング&ライティング講座 2

ブログ

単語が難しいリーディング

この講座では、二種類のリーディングを実施しました。

アカデミックリーディング、そして、ポエティックリーディングです。


学術的なアカデミックリーディングは、専門的なお仕事や勉強をされる方が、読む機会が多いです。

中には、思想やコンセプトを読む、ポエティックリーディングもあります。

どちらも、単語が難しいのが特徴です。

日本語だと、四字熟語みたいなイメージです。



まず、写真や挿絵をチェックし、何について書いてあるかチェックしましょう。

そして、固有名詞や数字などをチェックし。少しハードルを上げて、接続詞を見つけて理解します。



単語が難しいリーディングは、見つけやすい情報から見つけることが大切です。

このようなテクニックを、スキャニング(scanning)といいます。

ブログ

上から下のリーディングはNG

難しい単語がたくさん出てくると、「リーディングは苦手!」となります。

これは、上から下へ、順番に読んでしまっていることが原因です。



単語が難しいリーディングは、スキャニングのようなテクニックでなんとかカバーします。

全体を、ゆったりと見渡す余裕が大切です。


テクニックは、リーディングの時間短縮になるだけでなく、大事な情報を優先的に読むことができるのです。

今日からできるスキャニング、ぜひ実践して下さいね!

ブログ