TOEIC® L&Rはデータ処理能力を問うテスト

トップページ

TOEIC® L&Rと集中力

年に数回、英語のテストを受けるようにしています。1年に10回実施されるTOEIC ListeningとReadingは、2回に1回受験しています。

TOEIC L&Rは、計200問を120分で解くテスト。講師といえど、120分間集中し続けることは容易ではありません。

前回受験したときは体調が悪く、少しスコアを落としてしまいました。体調が悪いと緊張感がなくなるため、集中力が落ちます。「テストを受けるとき緊張する!」と嘆く方がいますが、テストを受けるときは、多少緊張していないと集中力が保てないと私は思います。

データ処理能力とスコアの関係

TOEIC L&Rを受ける際、もっとも大事なのは語彙力と文法力です。日常会話には出てこないようなビジネス単語が出てきますし、同意語の知識も必須です。また、文法は、難解な語彙の補助をします。そのため、もともと暗記や学校の英語のテストが得意だった人は、割と簡単に目標スコアを取れると思います。

一方で、暗記は得意ではないが、データ処理能力が高い人もハイスコアを狙うことができます。TOEICは、ビジネスシーンを想定して問題が出題されます。そのため、どのようなシーンを描写しているか即座に想像できたり、話の文脈をとらえるスピードが速い人にはとても有利です。

「TOEIC L&Rはインプットだけのテストだからアウトプット力には関係ない」と言う人もいるでしょう。しかし、就活や昇進で英語のテストスコアが必要な方々は、英語力は当然ながら、データ処理能力を問われているのです。つまり、「TOEIC L&Rのスコアが高い方は、インプット力もスピーディに習得し得る」と言えるでしょう。

TOEIC® L&Rがビジネスピープルに欠かせない理由

実際、私の経験上、データ処理能力が高い人は、英語のアウトプットが得意な傾向があります。ビジネスシーンで英語を話すとき、頭の中で情報を整理してアウトプットする即興力が必要だからです。素質も多少は関係しますが、仕事や家事のマルチタスクと同じです。毎日の積み重ねで、身につけることができます。

TOEIC L&Rのハイスコアを目指す方は、英語力と同時に、スピード処理能力が身につきます。お得!だから、こんなにTOEICは人気なんだと思います。

「能力を点数だけで判断する学校のテストと同じようなもの」と言うなかれ。3ヶ月後の受験を目標とし、今日からでも語彙と文法の学習を始めましょう。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA