初心者IELTSライティングのスコアアップ

「書けない理由が分からない」

年に数回、大学でIELTSのライティング講座を担当させていただいています。

 

大学生は、もともと文法とリーディングセクションが得意な人が多いです。

リスニングセクションも、IELTSの場合、攻略法をマスターすれば、そんなに難しくはありません。

 

一方、ライティングセクションで、「何を書けばいいのか分からない」と悩む学生はかなり多いです。

スピーキングセクション同様、「いくつかアイディアはあるが、実際ライティングしてみると意見がまとまらない」というのです。

 

「書けない理由が分からない!」という学生も、少なくありません。

一般的に、このようなIELTSライティング初心者は、普段から能動的な意見を出すことがとても苦手です。

受け身はNG!アイディア出し

「書けない理由が分からない」のには、いくつか原因はあると思います。

 

まず、文化の違いのせいだと思います。

日本語は曖昧さに寛容ですが、英語はそうではありません。

 

特に、IELTSライティングでは、率直な意見をライティングできるかどうかがとても大切です。

ブレーンストーミングのトレーニングを行い、アイディアだけをアウトプットする練習をしましょう。

 

また、考え方のせいもあります。

あなたの考え方は、「〜するため」でなく、「〜しないため」というネガティブな表現になりがちではありませんか?

 

例えば、「太らないために運動する」のような、ネガティブな意見を書く人がすごく多いです。

「体と心に良いので運動をする」のようにポジティブな意見を書かないと、読み手に言いたいことが伝わりません。

能動的なライティング

能動的なIELTSライティングをするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

一人でも、簡単にできる練習があります。

『マインドマッピング』というアイディア出し練習です。

 

一つ一つのアイデアに枝をつけていき、アイディアの整理して行きます。

例えば、「運動ーしんどいーやる気ー達成ーダイエットー好きな服が着られる・自信がつく」など。

 

覚えておきたいのは、「IELTSライティングに曖昧さは厳禁」ということ。

合わせて、適切な文法や語彙も習得し、スコアアップに努めましょう。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA