解き方次第のIELTSリーディング

シンプル問題でメモもOK

IELTSでは、出題される問題をタスク(Task)と呼びます。

TOEFL® iBTのように聞いたり読んだりしてスピーキングする複合的なタスクはないので、IELTSのタスクはとてもシンプルです。

 

とはいえ、四技能を1日、もしくは2日で受験するハードなテスト。

特にリーディングのタスクは語数が多く、「時間が足りない!」という生徒さんは少なくありません。

 

しかし、一般的に紙ベースで受けるテストなので、メモが可能という点は大きなメリットです。

活用しない手はありません。

 

・スキミング・スキャニングのときの段落分け
・重要単語のチェック
・順接・逆接のチェック
・本文と設問にアンダーライン

など、メモが生きる場所がたくさんあります。

 

また、IELTSでは、長文をパッセージ(Passage)と呼びます。

スキミング・スキャニングの際、アンダーラインだけでなく、パッセージ横の余白に簡単なメモを書き込むことをお勧めします。

 

・段落の主旨
・重要語句(人名、職業など)
など、メモをしておくと、パッセージと選択肢を何度も行ったり来たりしないで済みます。

 

実際、多くの生徒さんが、パッセージにアンダーラインをたくさん引きがち。

これでは、せっかくのスキミング・スキャニングが台なしです。

多すぎるアンダーラインはリーディングの時間がかかる原因となるので、日頃から「余白にメモ」の習慣をつけておくと良いでしょう。

設問の理解で防ぐ!タイムロス

しかし、数ある英語テストの中でも、単語数では最多のIELTSリーディング。

「スキミング・スキャニングの後、すぐに回答!」とはいきません。

 

スキミングとスキャニングをした後は、設問と選択肢をしっかり読んで理解します。

そうすることで、パッセージと選択肢を行ったり来たりを避けられ、時間をかけすぎずに済むのです。

 

IELTSリーディングの設問パターンはたくさんあり、語数制限など、条件も少しずつ異なります。

焦って解答しようとするとケアレスミスにつながってしまうので、注意が必要です。

 

どんなテストも、緊張しない人はいないでしょう。(多少は緊張した方が、集中力が増します!)

しっかり設問の意図を理解し、その内容を頭に入れてからパッセージに戻りましょう。

 

IELTSリーディングは、客観的な目を忘れず、いかにタスクマネジメントできるかがポイント。

集中力を高めるためにも、日々努力を惜しまないでいただきたいと思います。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA