TOEFL iBT/ITPと「読む」テクニック

順番に読んじゃダメ!

TOEFLリーディングで難しいのは、やっぱりボキャブラリ!

「TOEFLのリーディングって、ホント嫌い。。」
「知らない単語が多すぎると、読む気がなくなっちゃう。。」

そんな経験がある人は多いのではないでしょうか?

人は、左から右、上から下の順番に読みたいものです。

知らない単語が出てきたら、調べたくなるのも人のサガ。

 

順番に読むのはすごく時間がかかるので、「順番に読まない」テクニックを身につけましょう。

「順番に読まない」テクニック、スキミング・スキャニングです。

テクニック1:スキミング

まず、『スキミング(すくい読み)』です。

skimの意味は、『すくう』。

 

スキミングは、話の内容をさっとすくい、まずは大事なところだけ読むテクニックです。

タイトルやサブタイトル、第1段落(Introduction)と最終段落(Conclusion)に目を通し、全体の内容をだいたい把握します。

 

実は、タイトルやサブタイトルがなく、各段落が比較的細かく分かれるTOEFLの場合、スキミングはあまり役立ちません。

設問を追っていくと、結果的にパッセージを読むことになりますので、時間がかかる人は無理にやらなくても良いでしょう。

 

ただし、TOEIC® L&Rのように、さまざまな種類の文書が出題されるリーディングは別。

文書の種類を把握するため、スキミングは必須です。

テクニック2:スキャニング

順番に読まないテクニック2は、『スキャニング(スキャン読み)』です。

scanの意味は、『スキャン・検査する』。

 

スキャニングは、人名や場所名、数字や単位、クオーテーション・マークやイタリック体などの、重要な情報を見つけるテクニックです。

固有名詞・数字・記号は、非ネイティブにとって見つけやすいだけでなく、大切なキーワードであることが多いです。

 

その際、スキャニングした情報を優先的に理解すると、効率的に全体の文章内容を把握することができます。

ただし、これも時間がかかると意味がありませんので、短時間で済ませてください。

難問は捨てるもアリ

スキミング・スキャニングの後は、順に設問を説いていきます。

タイムマネジメントをしながら、時間がかかる設問はいさぎよくあきらめながら進めていきます。

 

中には、「単語力がなさすぎて、読める気がしない!」という学生さんもいます。

もう論外としか言いようありませんが、気持ちは痛いほど分かります…

 

そんな人にやって欲しいのが、フレーズ・リーディング(スラッシュ・リーディング)練習。

パッセージを、スラッシュでチャンク(かたまり)に分けて、部分ごとに英語を理解するトレーニングです。

 

よく考えてみると、なにもパッセージ(本文)だけでなく、設問や選択肢でも、「読む」は避けられません。

その他、「リスニングの選択肢」も、すべて英語です。

 

それらを踏まえた上で、限られた時間内に一問でも多く回答できるよう、トレーニングしていきましょう。

最後には、タイムマネジメントとタスクマネジメントがあなたを救います!

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA