英語アウトプット&「書く」練習

書いてブレーンストーミング

ハッチ横浜のスピーキング授業では、まず自分の経験をもとにアイディアを出し、それを英語で書くことから始めます。

書いたメモをもとにスピーキングや英会話をするので、英語で「書く」「話す」を同時に叶えるアウトプット授業となっています。

 

いきなり英語で書くのは難しい?

いえいえ、ご心配なく。

 

穴埋めプリントに書き込みますので、初心者さんでも、無理なく始めることができます。

決してライティングの授業ではありませんので、単語と文法も、一から丁寧にご説明させていただきます。

 

「書く」ことは、ブレーンストーミングの練習でもあります。

そのため、特にアイディア出しが苦手な人にとって、「書く」「話す」アウトプット練習は役立つのです。

 

その他、

「英語で話したいけど、日英直訳になってしまう!」という方。

「急に振られると困ってしまい、うまく話せない!」という方。 

そんな方々にも、好評いただいているレッスンです。

「話す」ために「書く」練習

普段から英語を使う人でも、「思ってた以上に、英語のアウトプットは難しい!」という人が多いです。

読んだり聞いたりするインプットに慣れている人ほど、「書く」「話す」は難しいと思います。

 

例え短い文であっても、主語と動詞は必ず必要。

最初は、「『序論ー本論ー結論』で話すのって、こんなに難しいの!?」と感じるかもしれません。

 

しかし、苦労してでも自分でストーリーを作り上げることには、大きなメリットがあります。

 

ーよく使う単語を覚えられる。

ーアイディアの引き出しが増える。

ーオリジナルのストーリーは決して忘れない。

などなど….

 

「インプットの多い受け身レッスンから一歩抜け出し、英語力を向上させたい!」という方。

勇気を出して、「書く」「話す」を同時に学習してみませんか?

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

捨てない!TOEIC®Part 7