何はともあれ、英語は文型

英語習得はどこでも難しい

実は、英語圏に住んでいても、英語があまり話せない人はたくさんいます。

また、留学しても、日本人とばかり行動していては、なかなか英語が身につきません。

 

なので、「頑張って勉強しよう!」と思わないと、英語習得はどこでも無理なのです。

英語圏に住んでても、日本に住んでても、それって一緒です。

 

とはいえ、「身の回りが英語だらけ」という環境は、英語習得にかなり有利です。

 

「一年くらいの語学留学なんか生活に慣れた頃に帰国で、ホントの語力なんかつかないよね〜」という人もいます。

しかし、英語圏に住んでるだけで、たくさんの気づきがあります。

 

例えば、、、

「『頑張る』ってI do my best.でいいんだ〜」とか。

 

でも、日本にいたら、それはできません。

なので、日本にいながら英語を習得するって、結構大変です。

 

では、日本で英語を習得するには?

単語や熟語を、暗記するしかないんでしょうか??

単語力=文型力

「英語が話せない!」という人は、だいたい単語の知識が不足しています。

おまけに、単語の不足は、辞書や暗記テキストだけでは補えません。

 

日本語は、英語に直訳することはできないからです。

 

例えば、、、

日英辞書で「頑張る」を調べると、I do my bestは出てきません。

その代わり、work hardとか、hang toughとか、break a leg(!)とか出てきます。

 

でも、これならどうでしょう?

「頑張る」=「私の一番をする」=I do my best.

 

これだと、無理なく単語も増えます。

「なにそれ?当たり前じゃん!」ってことを、コツコツやることが大切です。

 

さらに、文型の品詞を覚えましょう。

 

doはVに入る『動詞』。

my bestはOに入る『名詞』。

 

品詞?難しそう・・・

そうでもないですよ!

 

SV

SVC

SVO

SVOO

SVOC

よく見てみてください。

英語には、SとVとOとCしかないのです。

 

SとOには『名詞』、Cには『名詞』か『形容詞』が入ります。

Vには『動詞』。

 

英語は、『名詞』と『形容詞』、そして『動詞』で何とかなるのです。

 

さらに文を長くするときは、その他のものがくっつけます。

それが、副詞!です。

 

例えば、、、

明日のテスト頑張るわ!」だったら、I do my best for the test tomorrow.

for the testは副詞

tomorrowも副詞です。

 

うれしいことに、文型と品詞を理解すれば、他の文法も結構かんたんに分かります。

 

「やらなきゃいけないけど、英語の勉強はもう嫌だな〜!」と思っているそこのあなた。

そんな人こそ、改めて文型を見直してみてください。

 

辞書と暗記に頼ると、英語は絶対に上達しませんよ〜〜。

 

*基礎の基礎から徹底解説!

ハッチ横浜の『単語&文法解釈』レッスンについて詳しくはこちらをどうぞ*

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA