「なぜ日本人は現在完了形を理解できないの?」

仮定法についでご質問が多いのが、現在完了形という時制についてです。
現在完了形というのは、「”過去と現在の間”のことを言うときの時制」だと定義されています。

ところで、先日、ネイティブの英語講師に「なぜ日本人は現在完了形を理解できないの?」と聞かれました。

私の答えは、”Because we don’t really care.”
そう、ただただ、「その概念がないから」です。

概念にない気味わるさ

そして、私たち日本人にとって、”過去と現在の間”というあいまいな定義がすごく気味わるいです。
おまけに、”過去””現在”にも、私たちに正確な概念はあまりありません。

さらに、未来完了形においては、”未来”と”完了形”が混在するという統一感のなさは、もはや理解不能です。
完了って”過去”じゃないの?なぜ”未来”と使えるの??

そういう理由で、多くの方が、現在完了形を理解するのにとまどってしまうのだと思います。

あえて、使わない練習

当たり前のことですが、自分が使いやすい表現を使うときは、スムーズに英語が出てきます。

つまり、「過去と現在の間の辺りのことを言うときの時制」である現在完了形は、なるべく避けるのが得策です。

現在完了形をなるべく避けて時制を理解すると、英語は思っている以上にスムーズに出てきます。
現在完了形を使う代わりに、過去形と現在形に話を分けて英語にする練習です。

”過去と現在の間”の感覚がない私たちが日本語から英語に訳す形で英語を話そうとすると、簡単に時制トラップにかかってしまいます。

どんな話を、どの時制を使って話すか?
ハッチ横浜は、英文法をおざなりにせず、しっかり理解してから話す練習をすることをおすすめしています。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。