いつ使うの?分詞構文

やったっけ?覚えてない…

学生時代英語が苦手だった人にとって、分詞構文は、立派な挫折ポイントだったりします。

「それに、会話で分詞構文を使うことなんて、まずないと思うんだけど…」

 

理解していないので、使わない。

使わないから、必要性が分からない。

無理もないことです。

 

また、「分詞構文って、学校でやりましたっけ?」という人もいます。

学校にもよりますが、分詞構文をすごく丁寧に教えてくれる先生は、あまりいないかもしれません。

 

英語の場合、知らない間に、難解な文法を使った文章を目や耳にしている場合もあるんです。

なので、「これって必要?」「いつ使うの??」という疑問が出てきたら、必ず振り返って復習していただきたい!と思います。

落とし穴①:知ってます?あれと同じ分詞

分詞には2種類あります。

『現在分詞』と『過去分詞』です。

 

中学生は、現在進行形で『現在分詞』、受動態で『過去分詞』を勉強します。

そう説明を聞くと、こう思う人がいるかもしれません。

 

「え!進行形  ingと『現在分詞』って、同じなんですか??」

「え!受動態  be動詞+過去分詞って、その『過去分詞』??」

 

このように、分詞構文のように難解な文法は、結構これまでにも目にしているのです。

 

その分詞構文ですが、”改めて”勉強するのは、高校生になってからです。

その際、「中学の現在進行形と受動態で出てきたアレ」としてでなく、まったく別の英文法として勉強している人が多いと思います。

 

分詞構文を使いこなせない人は、こんな感じで中学の学習歴を無駄にしていることがとても多いです。

落とし穴②:分かりにくい例文

ところで、学校で使うテキストには、このような分詞構文の例文がよく出てきます。

 

Being rainy, I walked to school.

「雨が降っているので、歩いて学校に行った。」

 

Having been told to clean my room, I stayed home all day.

「部屋を掃除するように言われたので、一日中家にいた。」

 

実際のところ、このような文章には分詞構文は使いません。

分詞構文は応用文法なので、もっとアカデミック、もしくはビジネス向けの文章でよく使われます。

 

例文のような、高校生のつぶやきみたいな文章には、分詞構文はあまり使わないのです。

落とし穴③:英語に苦手意識

大人になってから英語を再開した人は、「自分が使い勝手のいい英語だけを使う」だけでは不十分です。

”自分が使い勝手のいい英語”とは、テキストで暗記で覚えた単語やフレーズなどです。

 

市販のテキストで暗記した単語やフレーズも大切ですが、ホントは、あなたにとって使い勝手が悪いはず。

実際、「英語のテキストをたくさん購入して、英語が使いこなせるようになった!」という人に、会ったことがありません。

 

普段遠回しな日本語に慣れてしまっている私たちにとって、使い勝手のいい英語なんてありません。

あなたに今必要な英文法を、しっかり理解することは欠かせないのです。

 

分詞構文のような応用文法を徹底的に理解するには、リーディングやライティングの勉強がお勧めです。

 

リーディングでは、分詞構文を「いつ」「どこで」「どのように」を使うのか、知ることができます。

ライティングでは、分詞構文を、実際にアウトプットで使いこなせるようになる実践力がつきます。

 

「たかが英文法、されど英文法。」

疑問に思ったときこそが、英語学習の再開どき。です。

無料体験&個別相談

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します

お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA