仮定法に次いでご質問が多いのが、現在完了形という時制についてです。
現在完了形というのは、「過去と現在の間のことを言うときの時制」だと定義されています。

ところで、先日、ネイティブの英語講師に「なぜ日本人は現在完了形を理解するのが難しいのだろう?」と聞かれました。

「その概念がないから」という意味で”Because we don’t really care.”と答えたのですが、我々にとって、まず「過去と現在の間」という曖昧な時の定義がなんとなく気味悪いのだと思います。

そして、過去完了形や未来完了形との、”完了形”として統一感のなさが気味悪い。そういう理由で、多くの方が現在完了形を理解するのにちゅうちょしてしまうのだと感じます。

当たり前のことですが、自分が使いやすい表現を使う方が英語はスムーズに出てきます。

つまり、「過去と現在の間の辺りのことを言うときの時制」である現在完了形はなるべく避け、過去形と現在形に話を分けて話すと、英語は思っている以上にスムーズに出てきます。

「過去と現在の間」の感覚がない私たちが日本語から英語に訳す形で英語を話そうとすると、簡単に時制トラップにかかってしまいます。
ハッチでは、どんな話をどの時制を使って話すか、最初から英文法の目線でしっかり考えて話し始めることをおすすめしています。

無料体験してみませんか?

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00

【場所】
東神奈川校(横浜市神奈川区西神奈川1-13-12アーバンビル6F)
関内校(横浜市中区不老町1-2-1 中央第6関内ビル3F)