様々なビジネスピープルのレッスンを担当してきました。
日々、仕事にプライベートに邁進している方達は、一体いつ英語学習をしているのでしょうか?

がっつり学習タイプの方は・・・

●早起きして自習する
●寝る前に自習する
●帰宅してからオンラインでレッスンを受ける
●退社後に語学学校でレッスンを受ける
●土日や休日に語学学校でレッスンを受ける

すきま学習タイプの方は・・・

●通勤時間を利用する
●昼休みに勉強する

その他は・・・

●テレビやラジオ番組を視聴する

仕事のできる人たちは、英語学習も熱心だという証拠だと思います。
それにしても、一体どうやったら語学学習に対するモチベーションを持ち続けられるのでしょう?

ただ「英語を話せるようになりたい」だけでは、成果が出たとしても、よく分かりません。

成果を感じるためには、目標を持つことです。
大きな目標だと、昇進や転職、留学など。小さな目標だと、テストのスコアアップなど。

大きな目標を持つ方も、まずは小さな目標から始めることをお勧めします。必要に迫られてやるのとは違い、「昇進したい」や「転職したい」は、漠然と「英語を話せるようになりたい」と思うこととあまり変わらないことがあるからです。

自分の英語力を客観的にジャッジしてもらうため、お気に入りの講師を見つけることも非常に有効です。

レッスンの復習と宿題のチェックを必ずしてくれる先生は、いい先生です。

逆に、説明が多く、どんどんテキストを進めていく講師の場合は要注意です。生徒さんは頭で理解ができていても、中高生の授業と同じで、英語力が定着しない可能性があります。