【IELTSライティング】動詞と副詞の関係

女性

Task 1の場合

ライティング添削をしてみると、時制ミスに気づかない方が非常に多いことが分かります。

Task 1のデータ比較が苦手です。

書くのに必死で、時制なんか気にしていられません!

それは良くないですね。

ライティングスコア、伸び悩んでいるのでは?

確かに。。

でも、テストは返却されないから確認のしようがないです。

時制ミスがあると言いたいことが伝わらないので、減点されている可能性もありますよ。

時制は、『副詞』で決めましょう!

例:「1980から1990にかけて、データの値が増えた。」

  • The portion increased from 1970 to 1990.

副詞は「from 1970 to 1990」。

時制は、「過去形」です。

The portion has increased 〜.のように、現在完了形にしていたかも。。

データ比較の時制は、完了形ではないのですか?

この文は「現在」を含みませんので、現在完了ではありません。

確かに、言われてみれば。。

このようなミスはデータに反するライティングとなり、採点基準<Task achievement〜タスクの達成度〜>において減点される可能性があります。

チェックすると気づく人も多いので、書いた後は必ず見直すクセをつけましょう!

【IELTS公式サイト】IELTS Academic Writing Task 1練習問題

Task 2の場合

Task 2はどうですか?

250語以上とたくさん書かなければならないので、こちらも苦手です。。

主にご自分の経験・意見をもとにライティングします。

よって、過去形が多いです。

ホッ。。Task 1より簡単そう。

とはいっても、日記みたいな文を書かないでくださいね。

テストですので。

う〜ん、、自信ありません。。

Task 2こそ、時制のバリエーションを増やしましょう。

採点基準<Grammatical range and accuracy〜文法スキル〜>の加点が目指せます!

わかりました!

こちらも、気をつけるのは副詞ですか?

はい、そうです!

例:「時々、人は子のために膨大な金を使いたいと思うことがある。」

  • Sometimes people prefer to prepare a lot of money for children

「sometimes」が副詞ですね。

はい。

sometimesのように頻度を表す副詞は、現在形で一般論を語るときに使うことがよくあります。

例:「将来的に、その問題が解決することを望む。」

  • I hope to solve that problem in the future.  

「in the future」が副詞ですよね?

willやbe going toといった未来形ではないのですか?

to不定詞は、未来を表現することができるのです。

時制のバリエーションとして、ぜひ覚えておいてくださいね!

なるほど。。

知識として知っているだけで、使えないのはダメですね。

まずは時制と副詞、基本に戻ってライティング頑張ります!!

【IELTS公式サイト】IELTS Academic Writing Task 2練習問題

体験レッスンお申し込みはこちらから

東神奈川教室

JR京浜東北線『東神奈川』/ 東横線『東白楽』から徒歩5分/ 京急線『京急東神奈川』から徒歩8分(自転車置き場あり・近隣にイオン駐車場駐輪場あり)横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内

オンライン

メールにて、事前に招待リンクをお送りいたします。当日リンクをクリックしてご接続ください。

平日 9:00~21:00 / 土日休み (年末年始・お盆時期は応相談)

パソコン

お気軽にお問い合わせください。