日本語のわびさびと英語

複雑な日本語

ネットで『the most difficult languages in the world』と調べると、日本語はだいたい上位に入っています。

その他、北京語やアラビア語、ハンガリー語なんかが、英語圏の人にとって難しいのだそう。

 

北京語は、単語の難しさ。

同意語や、格言が多いとのこと。(格言多そう!)

 

アラビア語は、国や地方によって表現や発音が違うから、難しいんだそうです。

アラビア半島&北アフリカの国々で使ってるんだから、そりゃそうですよね。

 

ところで、日本語も相当難しいらしい。

 

日本語を読んだり書いたりするときは、ひらがな・カタカナ・漢字の多さ。

話したり聞いたりするときは、丁寧語・尊敬語・謙譲語の複雑さ。

 

また、無意識に空気を読んだり、周りをうやまったりおもんばかったりして、日本人にとって言葉を使い分けるのは当たり前。

やれば子供でもできるんだから、ホントすごいです。

 

ですが、英語の場合、すべてがめちゃくちゃシンプルです。

 

アルファベット26個で、単語を組み立てる。

文型5個のどれかに当てはめて、文を作る。

 

上司も下の名前で呼ぶし、堅苦しいより気さくな方が親密さが増して、「礼儀正しい」と取られる場合もあるように思います。

そこが、日本人にとって、ちょっと困るところかもしれません。

外国人向けの日本語テストって?

外国人向けの日本語テストで『JSST』というものがあります。

これは英語のスピーキングテストVERSANT®日本語版のようなもので、電話で受験します。

 

運営会社アルクの公式サイトでは、レベル4のサンプル解答の音源が聞けます。(レベルは10まであります。)

話が続かず沈黙もありますが、レベル4は「日本語の日常会話はOK!」と言えるレベルだと思います。

 

結構カタコト感があっても、中級以上とされています。

丁寧語と「〜だね」が混ざっていることから、周りの日本人のマネをして覚えたような日本語だと言えるかもしれません。

英語は率直さがポイント!

ちなみに、上記のサンプル解答の方は、解答が分からないとき「これはあんまり分かりません」と率直に言っています。

どこの国の人かは分からないのですが、この率直さが、すごく大事なんじゃないかと思うのです。

 

英語が聞き取れなかったり、英語でなんて返していいのか分からなかったりするとき、黙ってしまうことって誰にでもありますよね?

 

黙ってしまう代わりに、率直に「○○という単語はどういう意味ですか?」や「聞き取れなかったので、もう一度言ってください」と言えるかどうか。

 

これは、非常に大切だと思います。

でも、日本語は遠回しな表現が多い分、率直な表現をするのは、意外と難しい。

 

言うまでもなく、英語で率直に表現することは、自然にできるようにはなりません。

単語と文法知識のインプット、実践で使うアウトプット練習が必要なのです。

文法&率直さで英語力UP

まず、文法の知識は欠かせません。

中学と高校で勉強した文法を全部やり直すのではなく、必要な分だけ、しっかり理解しましょう。

 

そして、率直に意見をアウトプットする練習です。

結論から、はっきり話し始めることに慣れるためです。

 

シンプルで合理的な英語をマスターするためには、必要な分から、シンプルに学習すること。

たくさんやればいいというものではありません。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

英語は3語で伝わるか?

次の記事

仮定法が分からない!